明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

映画

映画「ある海辺の詩人」

http://www.alcine-terran.com/umibenoshijin/ ある海辺の詩人 シネリーブ梅田で上映中です。 ベニスに近い、ある海辺に、配属されて、働きに来た、中国人の女性に思いを寄せる、ユーゴスラビア出身の漁師は、彼女に故郷の海で漁師として働く父親と、そこに…

映画「フライト」

http://www.flight-movie.jp/ デンゼル、ワシントン演ずる、アルコール中毒のパイロット。彼のパイロットとしての腕は並外れている。 間一髪で、乗客のほとんどの命を救った、英雄だが、そういう事故を招いたのは、彼はアルコールを浴びていたから。 操縦前…

映画「アンナ、カレーニナ」

アンナ、カレー二ナ トルストイの名作の一つなので、 誰でも知っているストーリーだけれど、 イギリ映画らしい、作品に仕上がっていて、 自然主義が、強調された作品になっている。 http://anna.gaga.ne.jp/ 恋をしたことのない、アンナの眠れる情熱を引き出…

映画「愛、アムール」

アムール「愛」 老夫婦に起こる現実を映画化した、作品。 脳梗塞で半身不随になった妻を、看病する夫。 二人は音楽家だった。 妻は認知症が進み、夫は、老老介護に体力も気力も 失って、妻を枕で抑えて、死なせる。 妻を先立たせ、自分も自殺する。 看病にか…

映画「千年の愉楽」

http://www.wakamatsukoji.org/sennennoyuraku/ 若松監督の遺作となった、「千年の愉楽」を梅田のテアトルで観た。 生まれて、死んで、生まれて、死んで、生まれて、死んで,人間の輪廻が繰り返される。 殺されても、践まれても、生命は、底からふつふつと沸き…

レ、ミゼラブル、は、永遠のテーマ。

朝、雨戸を開けると、雪景色。 ゴミ出しに、」雪靴を履いて、エッジをかけて、よちよち歩く。 坂道なので、滑らないように、転ばないように。 スタッドレスのタイヤを買って、やっと出番かな、とも。すでにタイヤの跡がって、凍っている。 昨日は、尼崎に、再…

映画「東京家族」

「東京家族」を、私は全くの先入感なしに、山田洋次監督独自の作品 なの、と見ていると、これは、「東京物語」のリメイクであることに気づいて、 「東京物語と否応なく比較され、山田洋二監督は、「東京物語」がいかに、普遍的かつ、孤高にある、永遠不滅の作品であ…

映画borderline]

夏の、しばらくの間、早寝早起きしていたのに、またルーティンに戻って、夜中まで起きて、朝が遅い、悪習慣に戻っている。 光熱費もかかるから、さっさとベッドに入った方が良いのに、映画を見出すと、それが終わるまで寝られない。 テレビの番組がつまらな…

映画「レ、ミゼラブル」

http://www.lesmiserables-movie.jp/ ミューカルで、何度も観ている、「レ、ミセラブル」だけど、映画は、リアリティーを映像化出来るので、1830年代のパリの街、住んでいる人人の姿など、事細かく丁寧に作られていて、凄かった。 尼崎の映画館は、新しい…

映画「コックと泥棒とその妻と愛人」

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=nXLRdeYFHss 友人から借りていたビデオ「コックと泥棒とその妻と愛人」という映画を観た。 殺した鳥の毛をむしり、料理をするコックを、腹を空かした泥棒は、口から入れる食事を待てないで、わめきち…

勘三郎さん、死去ニュース

朝、いつものように、ベッドでテレビのスイッチを入れたら、中村勘三郎の家族からのファックスを読み上げているアナウンサーの声が。 今日の未明、2時33分に。 4月の歌舞伎座、こけらおとしに向けて、 無念のうちに、 ショックだ。涙が出て、朝、いつも…

飲み屋を出て映画「つなぐ」を観る

あら、嫌だ。ジーンズのウエスト、またまたきつくなって、チャックがしまらない。 伸び伸びジーンズだから、ぐいぐいと締め上げて、やっとのことで、愛用のジーンズがはけた。 ランチの約束しているので、今日もおでかけ。 梅田の地下街にある、居酒屋さん。…

映画「あなたへ」

http://www.anatae.jp/ 見たかった映画、「あなたへ」 午後2時からの部を見ようと、車で、西宮ガーデンズに行きました。 この映画館では、午後2時が最終になっています。 端席は、なくて、中の席しかなかった。 私はいつも、端に座らないと落ち着かない。いつ…

映画「かぞくの国」

「かぞくの国」室内から、むせび泣く声が聞こえた。 終わって、すぐに出て行く人はほとんどなかった。 言いようのない、暗い重さと、自由の国で生まれ育った、妹の兄への率直で影のない明るさ、そして在日朝鮮人の「オモニ」の息子への愛情の美しさが際だっ…

二日で6本、映画三昧

今日は、朝から、横になっては、寝てしまう。疲れ切っている。 30日に、映画を3本観た。最初に「ちひろの世界」その次は「屋根裏部屋のマリア達」 それで帰ろうと思ってたのに、「スパイダーマン、ライジング」を観た。 若い頃は、日に4本でも平気だった。「…

映画「きっとここが帰る場所」

「きっとここが帰る場所」の予告編を見て、早く観たいと思っていた作品。 梅田の歯科医から、キャンセルが出たから、と手術の予定で出かけたけれど、 ネットで観ていたら、根管治療の方が負担が少ないと書いているので、手術以前に、もう一度相談してたら、…

映画「星の旅人達」

映画「星の旅人達」を観た。 梅田のシネリーブスで上映中。土曜日に会った友人に、観ない?と誘ったけれど、 その人は、あまり興味がない、というので、その日はやめた。 上映時間を観ていたので、月曜日に会った友人は、クリスチャンセンターで働いている人…

映画「ミッド、ナイト、イン パリ」

ミッドナイト イン パリス http://youtu.be/_cgX7pnR-xM 久々に、映画大好き、と思える映画を見た。 ウッディー、アレン、らしい、スマートで、上品で、お洒落な映画で、軽いタッチで描いているけれど、シリアスな本質を押さえている。 ウッディ、アレンの映…

映画「幸せの教室」

http://youtu.be/WLrC-KXKleo 幸せの教室 5月末に、映画のチケットを使ってしまおうと、駆け込みで、3本の映画を観た。 ジョニー、デップ主演の、ティム、バートン作品は、私に取っては、少々退屈だった。 見方が違えば、面白いのかもね。 その後で見た、…

映画「わが母の記」

コナミを出て、あらかじめ予約をしていた、映画「わが母の記」を観に行った。 前から楽しみにしていた映画だった。 井上靖の母親を描いた作品。映画の中で、小説の種にされて、暴露されていることへの 不満を娘が語っている。 映画の中での台詞や進行は、そ…

映画「大人の喧嘩」

ロマン、ポランスキー監督の作品 ニューヨークのブルックリン、というだけで、私はこの映画を見たいと思った。 それを後押しするのは、ロマン、ポランスキー監督の作品であること。 この映画の前に見た、「マーガレット、サッチャー」は、メリス、ストリープ…

セイジ、陸の魚

「 陸の魚」 http://seiji-sakana.com/news/ 夕方、西宮まで行って、「マーガレット、サッチャー」を見るつものだったが、 梅田の、旧OS劇場でやっているので、行ってみた。長い間、問い合わせに時間を取られたあげくに、まだOSの株主券が使えるといわれ…

僕たち急行A列車で行こう」

「僕たち急行」が、見たいとの要望で、大阪の梅田で待ち合わせた。、 ステーションの映画館で、先にチケットを抑えておいて、昼食はそれから。 チケット売り場に行くと、これは東映の配給だから、優待カードは使えませんと言われた。 映画を見たい友人は、お…

映画、「灼熱の魂」

カナダとフランスの合作「灼熱の魂」原名は、incendies 辞書には、火事、火災、戦火、動乱、激高、激情、等。複数形で、それらを全て含んで、「灼熱の魂」という題名になっているのだろう。 劇作を映画化したものらしいが、映画としての表現の強みは、映像に…

映画「いそしぎ」

最近、テレビで、懐かしい映画を見る。去年亡くなった エリザベス、テイラーの「ジャイアンツ」に続き、「いそしぎ」を見た。 何度見ても、新しい発見と、ときめきを感じさせてくれる映画と、一度見たら、見る気がしない映画がある。 お正月の特集で、「おく…

映画「レールウェーズ2」

朝、家を出て、バス停まで来ると、シルバーの輝きを見せる、飛行船のような雲に引きつけられた。 寒い。ニューヨークでは、こんなだったか。いえ、もっともっと。ものすごい寒さだった。雲がどうかなんて、悠長に眺めていること出来なかった。 去年から、「…

映画「恋の罪」

http://www.koi-tumi.com/index.html 恋の罪 シネマリーブスで、「恋の罪」という映画を見た。 ウェスティンホテル前の広場では、ドイツを真似て、クリスマスマーケットが出ている。 私の大好きな、ドイツのクリスマスマーケット、ほんのちょっぴりでも雰囲…

映画「あんときの命」

映画を見て、いつまでも後に尾を引く映画がある。 http://www.antoki.jp/index.html 「あんときの命 」はそういう映画の一つだ。 映画を見てから、私は、何度か、自分が死ぬときの夢を見た。 夢なので、余裕を持たせているのか、自分に甘いからなのか、これ…

映画「ディア、ハンター」

http://youtu.be/3Gqit3zVmyc http://youtu.be/lqakCa-MysE マイケル、チミノ監督の「ディア、ハンター」は ベトナム戦争の悲惨さ、恐ろしさを表現しているだけではなく、アメリカという国の在り方をも問いかけ、批判している点で素晴らしい作品になっている…

マディソン郡の橋を見なおして。

http://youtu.be/k_0BxRYVnpE 最近、テレビで放映される、映画を見る時間が多くなって、遅くまで起きている。 映画を見ながら、家事というわけにはいかないので、べったり座って入る時間が長くなった。一日に一本くらいなら、さほど支障はきたさないが、何本…