明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

art

ガラス工芸

art

ガラス工芸教室に行きました。 ガラスの切り方も習って、うまく切れるようになりました。 友だちから、指輪を作って、というリクエスト。 素敵な指輪ができました。 指輪が2つ、もっと作ればよかった。 髪留めが出来上がっていました。 久しぶりに、友人と…

吉田堅治が残した平和への願い

art

東京に行けば、吉田さんの絵画を見せて欲しいと思っていた。今回は、2日泊まりになったので、吉田さんの娘さんにお電話して、絵画を見せていただきたいと申し出た。 急なお願いにもかかわらず、快く私の願いに応じて下さった。 吉田さんの絵画は、パリから、…

ガラス工芸

art

ガラス工芸を始めて、二回目。 素敵な作品が出来ました。 前回作ったお皿です。 箸置きも、夏らしい爽やかな出来上がり。 我ながら、大満足です。 今回は、箸置きをたくさん作りました。 不器用なのですが、慣れてくれば、どんどん作れるので、これは、その…

ピカソ展

art

阿倍野ハルカスで開催中の、ピカソ展を見に行きました。 朝、オペラグラスがないのに気がついて、劇場に電話したら、落し物は、すべて、防災センターに行っているといわれて、そこに電話しました。 似たような物はあるけど、見に来てくださいと言われ、ピカ…

禅、心から形へのアート

art

京都博物館で開催中の特別展に行きました。 ダイナースクラブの情報誌で載っていて、行きたいと思っていたのです。 ずっと忙しくて、母の再手術な懸念もあって、いつ行けるかわからなかったのですが、幸い、手術はしなくてよくなり、時間ができたので。 混ん…

福井敬、リサイタルと母の日

去年と同じく、福井敬のリサイタルが梅田のフェニックスホールで。 去年よりも、さらに声量が素晴らしく、 ホールに響きわたって、ますます充実した歌唱力を発揮されているのは、驚異的。 このところ、宮崎の音楽祭や、東京などのリサイクルがずっと続いて、…

木村伊兵衛写真展

art

パリの残像、と言うフレーズに惹かれて、京都のエキ美術館に。 待ち合わせは、四条河原町。 美濃吉でランチして、河沿いを歩いた。 八重桜が満開。残りザクラの花びらが、河を流れていく。 光を受けて、キラキラ輝きながら流れていく。 友人が好きだというハ…

モランデイ展。県立美術館

art

ジョルジョ、モランデイ。 メトロポリタン美術館で、モランディという画家の作品が、階下のギャラリーで、特別展示されていた。 わたしはすっかりその画家の作品に魅せられた。具象だが、抽象的な作品は、絵画ではないものを描いている。 アース色の、色では…

松野真理展

art

毎年、この時期だけ、北野坂を上がっていく。 一年の時間で、新しい店が出来ている。 北野坂gallerまでの、坂道もきつんくなってくるのかな、と 考えながらJ歩いていた。 真理さんのお母さんは、この坂はもう無理じゃないかしら。 車で来られるから大…

パウルクレー展

art

兵庫県立美術館に、パウル、クレー展を観に行きました。 友人からもらったチケットで、時々、兵庫県立美術館に行くのが、楽しみになっているのでさが、クレーは、私の好きな絵なので、特に。 お天気も良く、兵庫県立美術館は、いつも空いているので、ゆっく…

吉田堅治展、みうらアート

art

堀江に、その美術館はあります。松山から、鈍行列車の、今は単線で、走っている電車は、無人駅です。 こんな所に美術館があるのが不思議だつたのですが。 現代アート美術館で、アートのある庭空間も素敵なので驚きです。 みうらアートアートは、テレビで紳助…

堀文子展

art

いただいたチケットで、昨日、兵庫県立美術館に「堀文子展」を観に行きました。 神戸まつりと重なって、空いてるのではと期待した通り、館内は人が少なくて、 ゆっくり絵画を鑑賞することが出来ました。 岩屋で友人と待ち合わせて、とんかつ屋さんで、昼食を…

絵画との出会い

art

三月は、憂鬱な季節。 季節の変わり目は、体調を崩しすい。 今日のどんよりとした曇り空は余計に気分が滅入る。 家に引きこもっているとなおさら。 外食が出来ないので、友人と会う機会もなく、この日曜も 家にいて、テレビを見ていたら、なんとなくイライラ…

玉置浩二のリサイタル

art

玉置浩二のリサイタルに、行けないと、思ってたけど、なんとか行って来られました。 前日、尼崎のムービックスで、『縫い裁つ人」という映画が観たいと言う友人に付き合って、映画を見ました。 西村屋コーヒーで、早めのお昼を食べても、映画が終わってこら…

「日浅和美絵画展」時の軌跡

art

絵画展の案内状をいただきました。 吉田堅二さんと親交の深かった方で、長年パリ郊外のアトリエで、作家活動を ご主人と一緒に続けていらっしゃいます。 ご主人と交代で、二年に一度、日本で新しい作品を発表されています。 去年は、歌舞伎座への帰りに、ご…

「名手達のオーケストラによるコンサート」

art

友人と別れて、私は楽しみにしていた「名手のオーケストラ」を聞きに行きました。 阪神淡路大震災から20周年の、リクエイムとして、三枝成彰が作曲、曽野綾子がリブレット、指揮は、大伴直人。 ソプラノの森麻季とテノールのジョン、健、ヌッツイオ、とい…

松野真理展」北野坂gallery

art

今日から、日曜日まで、北野坂gallery で、「松野真理展」を開催中です。 この時期、いつも急に冷え込んで来るという印象があるのですが、今日も、ダウンで丁度良いくらいの寒さ。 galleryの中は、春のように華やいだ雰囲気が漂っています。 裸婦をテーマと…

米倉斉加年という人

art

米倉斉加年が亡くなった。私の好きな俳優だった。 労演に入っていた頃、民芸の舞台で米倉斉加年の独特なせりふ回しに惹かれた。 民芸の舞台は、宇野重吉を初め、北林谷栄、奈良岡朋子、日色友恵、など、地味で、土の匂いがする演技と貧しい人々に寄りそった…

兵庫県立美術館「夢見るフランス絵画」展

art

友人からいただいた招待券があったので、連休の喧噪を避けて、明けてから兵庫県立美術館で開催中の「夢見るフランス絵画」展を観に行きました。 岩屋で待ち合わせて、以前は「同源」で昼食を取るのが楽しみだったのですが、 日曜休日になってからは、やはり…

吉田さんの絵画がセントマリア病院に

art

。 芦屋セントマリア病院の受付の前に、吉田さんの絵画が飾られています。 その病院の院長は、大英博物館での吉田さんの展覧会をご覧になられて以来 吉田さんの絵画と生き方に感銘を受けて、医者の道を究めてこられ、吉田さんの 意志を受け継いで、命を大切…

吉田堅冶の美術空間

art

あべのハルカスに美術館があることを知らなかった。 あべのハルカスにも初めて。 階下は、近鉄デパートが入り、マリオットホテルもある。 吉田さんの展覧会に来られた娘さんと甥御さんの奥さんに同行して、 初めて、あべのハルカスに。 美術館では、今、東大…

海老蔵の「源氏物語」南座

art

海老蔵の「源氏物語」を京都の南座に観に行きました。 3階の6列目、3等の4000円の席ですが、南座は小さい劇場なので、 良く見えました。ただ、前が壁になっていて、足元が詰まっていて、 足を組むことが出来ないのが難点。 南座は、3階席の一番前の…

池田公民館「吉田堅冶展」

art

吉田さんの展覧会場で友人と待ち合わせをしていた。 早く来て1時間くらい見ていたというので、受け付けに挨拶だけして、 昼食を食べに行った。 池田の商店街を歩いて、入口にある、鮨屋に。 カウンターで、造りや出しまき、天ぷらなど、一品で注文。美味し…

玉三郎のグランドシネマ「日本橋」

art

グランドシネマ「日本橋」を、西宮ガーデンズシネマに観に行きました。 朝、10時15分からの上映なので、チケットが売りけれたらいけないと 早い目に出かけたのですが、気の毒なくらいに席は空いていていました。 12年の12月公演を、映画化したものな…

素敵な人達、勇気ある生き方に学ぶ

母の所に行くのがいつもより遅くなった。 喫茶店で、時間が経つのも忘れて、素敵な人の 話を聞いていたから。 吉田さんは、その方の亡くなられたお母様が大好きだった。 きっとその方も、と想像がつく。 お母様は、登山家になりたかったという活発な女性で、…

吉田堅治、命と平和展、池田中央公民館にて

art

桜の花が一気に咲いて、気温は初夏を思わせるほどの陽気につつまれて、 4月2日の今日から、22日まで、吉田堅治展が、池田の中央公民館で開かれています。 素晴らしい大作を是非、出来るだけ多くの方々に見ていただきたいのです。 パリに40年以上滞在さ…

新春浅草歌舞伎2

art

足先の割れた所でつまずかないように注意しながら、浅草に着くと、靴屋で履ける靴を探したのですが、どれも気に入らなくて、芝居が始まる前にトイレにも行っておかねばあらず、 会場に行きました。 雷門から、浅草寺へのメイン通りは、もう人が一杯で、立ち…

篠原ト土世展  gallery 星羅

art

土日にかけて、浅草公会堂に,猿ノ助の歌舞伎を見に行きました。 その話をしたい気持ちは山々ですが、その前に、緊急に,この場を借りて ご紹介したい事が出来ましたので。 浅草歌舞伎に行くことはずっと以前に決まっていたのですが、偶然にも、パリ郊外のア…

北野坂「松野真理展」

art

北野坂を上がるのは、年に一度、11月,紅葉の季節です。 松野真理さんが北野坂ギャラリーで,毎年かかさず作品を発表していることは、実は大変なことで、病気で入院した年も、命の証しのようにも思えます。 誰でも、今年出来たことが、来年また確約されr…

プーシキン美術館展と西村屋のかにちらし

art

JR尼崎で待ち合わせて、映画「ダイアナ」を観てから、JRで三宮に出て、西村屋で、蟹鮨を食べ、それから市立博物館で開催中の、プーシキン美術館展に行きました。 映画と美術館と、お目当ての、蟹チラシの3本たてをこなすためには、こういう方法を取らざるを…