明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

六甲保養荘

  

近くに、神戸市の六甲保養荘があるのは、随分以前から知っていた。有馬に行く車の中から、いつも看板を見ていたが、行こうという気にならなかった。

友人のお母さんが、友達連れで、この施設を良く利用していることは聞いていた。以前は、老人専用の保養所で、付き添いなら一人だけ利用出来るということだった。

母も元気だったし、温泉なら有馬の方が魅力的なので、あえて、この保養所に母を誘う気にはならなかった。

ところが、先日、丹波に行き、「新丹波荘」に宿泊したら、バブルの頃にお金を使って建てたのだろうか、建物もしっかりしていて、デザインは、マックライトを思わせる。窓の格子は、マッキントッシュかとも。丸太のロッジもあり、ユニットバスにウオシュレット付きのトイレがあって、デスクやソファーもあり、中は結構広い。食事も悪くない。値段は安い。昔、国民宿舎に泊まったことがあったが、雲泥の差だ。兵庫に6軒、県立いこいの家としてあるらしく、その中に「六甲保養荘」が入っていた。

「味覚の食べ放題、飲み放題の夕べ、4000円」というチラシがあった。この金曜日なので、電話すると、宿泊は満室で、食事だけならいけますと言われた。お酒が飲めないのはつまらない。ついでに入浴は出来るのかと聞くと、日によって出来る日と、出来ない日があるので、あらかじめ電話で聞いてほしいと言う。今日は?と聞くと出来ますよ、という返事だった。

母を預かる日だった。朝の内に医者に行き、昼食をレストランで終えると、入浴の用意はしてきているから、行ってみようかと母を誘った。

緑に囲まれた閑静な場所にあって、お風呂の中は、お年寄り用に、手すりもあり、腰高の椅子も備えてある。健康風呂と称して、歩行浴、ジャクジーの気泡風呂、それにお風呂に入るのに、スロープになっているので、車椅子の人も、付き添いがいれば入浴出来そうだ。広々とした浴室から緑が見える。

母と入っている間に、鐵の杖をついた婦人が入ってきた。杖のまま気泡風呂に入って、腰の高さの椅子を使っておられた。

お風呂場から上がると、その人も出てきた。

「お泊まりですか。」と聞くと、

「月に2度、2泊3日で来ている。もう20年になります。元は神戸市の所有で、職員が働いていましたが、民間になったようです。最初の頃は、友達と、毎週土曜日に来てました。主人と来てたのですが、今は一人で。ここに来る人は皆、顔なじみで友達になっています。去年、大腿骨を手術したので、低い風呂には入れないんです。気泡風呂にしか。私が来た日に、背の高い椅子を買いに行ってくれましたけど、使い勝手がよくないんです。」としっかりした口調で言われる。

91才になられて、大手術もされて、杖をつきながらも通って来られる。頭もしっかりしていて、耳も良く聞こえるご様子。

 

リハビリ中の 腰の悪い叔母に、こんな良いところがあるよ、と教えてあげよう。ここなら、叔母が湯治に使うのに、絶好だ。夙川から直行のバスが出ている。2泊3日で、月に二回利用していたら、きっと元気になるはずだ。1泊二食付きで7千円という安さがいい。