明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

Away from her

 

 

 初老の女優が「ドクトル、ジバゴ」のジュリークリスティーだなんてわからなかった。でも、映画を見ているうちに、その美しさに引き込まれて行く。

 マカデミー女優主演賞にノミネイトされ、ゴールデングローブ賞を初め、ニューヨーク不評家賞など、数々の賞を取っている。

 カナダの雪景色の中で、カントリースキーをしている夫婦の通る跡が、平行して並んで刻まれているが、そこから、一つの線がそれて離れていく。

 映画の冒頭のシーンは、寄り添って共に暮らして来たはずの夫から、妻の心が離れて行き、再びスキーの跡が平行に戻ることで、妻の心が戻ってくるという事を暗示している。

 アルツハイマーになった妻は、施設に入居することを決心する。慣れるまでの間、1ヶ月は面会が赦されない。面会解禁の日の朝、夫は彼女に会いに行く。

 そこには、車椅子の男性に寄り添う妻がいた。献身的にその男の世話をする妻にとって、夫は見知らぬ人になり、恋に夢中になっている。

 夫は、自分が罰せられているのだと思い、彼女に会いに日参するが、彼女の恋を見守ってやらなければ、と思うようになる。

 介護士から「夫は、まあ良い人生だった、と思うが、妻はそう思ってはいないのですよ。」と言われる。

 夫は大学の文学教授で、若い頃は女学生に片っ端から、かりそめの恋をした。

 18才の学生だった妻から、「結婚しませんか。結婚生活って楽しいのではありませんか。」と誘われ、彼女は、美しく魅力的だったから結婚した。

 以来、夫の恋心は、治ることはなく、20年前に女子大生との問題が発覚してスキャンダルとなってから、大学を退職し、妻と二人でやり直す為に、妻の祖母の別荘だった家で暮らして来た。

 「私を捨てる事だって出来たのに。あなたはそうはしなかった。あなたに迷惑をかけたくないのよ。」というのが入所理由だと妻は言う。夫の浮気を知りながら、口に出すことをしなかった妻が、アルツハイマーになって心の内を語り始めた。彼女には辛く、心の奥に深い痛みとなっていた、夫の裏切り。彼女はやさしく夫に寄り添いながら、夫を赦してはいなかった。

 車いすの男性が、施設を出て行くと、ベッドから離れず、哀しみから立ち直れない様子で、二階の重傷患者の部屋に移すことになる。

 

夫は、退院した男性の家を訪ねる。その妻の話を聞けば、自分達夫婦の生活は恵まれて、幸せだったのだと気づかされる。家に帰ると、彼女からの誘いの留守番電話が。ダンスパーティーへの誘いだった。その夜、二人はベッドを共に。夫を病院に再び入れる為に、彼女は家を処分する。 夫は、妻の為に、恋人を病院に連れて行き、残された者同士、新しい人生を選ぼうとした。扉の前で、看護士と男性を待たせて、先に妻に挨拶してから、と中に入ると、妻は、夫がいつも読んでやっていた本を自発的に読んでいて、夫を認識出来るようになっていた。

「早く退院の手続きを取って。家に帰りたいわ。あなたは、私を捨てることだって出来たのに、あなたにはとても感謝しているの。」

 妻が入所以来、初めて、夫に抱きついて、抱擁する。複雑な表情をする夫。

 

  映画の中で、ジュリークリスティーが、赤の縞模様の派手なカーディガンを着ている。

夫は「あんな安物の服を彼女が着たことはなかった。どうしたのだ。誰のものなのか。」と看護士に聞く場面がある。それまでの、ジュリーの服装は、上品で、色は白かベージュの無地で、エレガントで知的、初老の女性の美しさを際だたせたものだった。

 花束を持って面会に来る夫は、入所している女性患者から、「女垂らし、女を泣かせたんでしょうね。」と言われるように、ダンディーで紳士的な男性。

 妻は、夫の為に、夫に気に入られようとして無理していたのではないだろうか。本来彼女は自由奔放な女性だったはず。18才で夫に結婚を自ら提案した女性だった。「結婚すれば楽しいんじゃない?」

 「あなたは私を捨てる事も出来たのに。」という言葉の中に、年の離れた教授の夫の好みの女性にならなければという、抑圧関係が表れている。本来の彼女は、ナチュラルな女性だった。自然そのものだった。彼女が身をかまわなくなってゆくのは、本来の自分に戻っただけのこと。夫に気に入られるような服装をやめ、優しく真面目な、浮気をしたこともない、車椅子の男性に恋をする。世間の衣を脱ぎ捨てた彼女は、病を得て、自由になった。夫は、夫で、「自分たちの生活とはかけ離れた、過酷な暮らしの中で、現状を受け入れ、人生に折り合いをつけている人間がいる」ということを初めて知った。彼は、普通の、人生の楽しみを味わった事もない、インテリとはかけ離れた女性の、ストレートな求めに、初めて応じた。

 

別れを告げに行ったはずの夫に、妻は抱きつき、抱擁する。彼女に取って、おそらく

最初に出会い、燃え上がる恋をした男が、そこに存在していたからだろう。