明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

ホットなニューヨーク

 ゼロポイントの建設、余り変わってません。

 ニューヨークの夏は暑いと聞いた事があるが、ものすごい。夜更けの空港に降り立ち、むっとした暑さが迎えてくれた。日本では、省エネでクールビズを使って、温度を上げているというきれど、ことらでは、温度差の激しい事と言ったら。

 地下鉄に入るやいなや、熱気で蒸し風呂のようだ。電車に乗り込むと冷房でしばらくはほっとするが、時間がたつと、上着がほしくなる程冷房が効いている。地下鉄の中は全く冷房がなく、階段の上下で、汗が出る。電車の中で、ぐぐっと冷えるので、風邪を引きやすい。

 

 アパートに中は、キッチンルームと寝室の二部屋に分かれている。冷房が古くて効かないから、暑いよ、と息子が言ったのは、私が寝ているキッチンのほうだった。寝室は、いかにも快適そうだが、私には寒すぎる感あり。キッチンの冷房だって、それほど悪くはない。日本では、冷房をつけないで暮らしているから、この冷房で十分だが、風が強く扇風機を回しているようだ。

 寝るときには、切って、窓を開けて寝る。寝ている顔にまともに、冷房の風が当たるからだ。3時間くらい寝ると目が覚める。清掃のトラックの音がうるさい。汗がどっと噴き出して、びしょぬれになる。

 ニューヨークに来るのは、飛行機代の比較的安い時期を選ぶので、冬か春。ニューヨークの冬は、すごく寒い。雪にならなくて、霰や雨が多いけれど、それもかえって寒いくらいだ。

 飛行機の高い、夏は、観光客も多い。ニューヨークのホットシーズンは、人も気温もむんむんと熱気に包まれている。

アメリカ全土で展開中の有機食品専門店

 やってくれば、待ってましたといわんばかりに、ないないづくしである。水道につけてある、浄水フィルターが機能していうない。ほとんど水が出ない状態になっている。

 家につけているフィルターの説明書きに、水の出が悪くなれば換えるように、と書いてあったが、これはまさに極限状態だ。息子は、これで別に普通だと思っていたらしい。

 翌日は、買い物で一日が暮れた。余り暑いので、換えのスリーパーを買いに行ったが、結局買わずに、バスタオルを2枚買った。牛肉を求めて、有機食品の店に行き、その日の夕食の為に食材を買った。冷蔵庫の野菜箱はからっぽだった。大きな紙袋を三つもかかえて、地下鉄の中で、睡魔に襲われる。足が痛む。アパートに荷物を置き、再び近くのスーパーに。4階までの階段の上り下りがきつい。トイレットペーパー、 食器洗いのスポンジを買い、フィルターがないので、別の店を教えてもらった。歩くのはごめんだ、と思いながらまた歩く。

 やっと、またアパートの部屋に戻り、サラダを造り始めると、オリーブオイルがない。なくなく、再び階段を下りて、スーパーに。胡椒をついでに買った。

 1時間入店待ちもざらの店。 他の店とは比べものにならないくらい、安いそう。レジ待ちは長かった。

 まな板の裏がかびている。ブリーチがない。お米も底をついている。洗濯しようと思うと、洗剤がない。明日、また買い物から始めなければ。ないないものだらけだ。

 足が腫れて、痛い上に、熱気が帯びている。ニューヨークは、ホットプレイスだ。