明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

PATHトレイン

 ニューヨークには、主要な国際空港が3つある。ケネディー空港、ラガーディア空港は、利用しているが、ニュワーク空港は使った事がない。ニュージャージー州に位置するので、不便な感じがしていたから。実際に、ビジネスのアップグレードを頼むと、ニュワークからだと空きがありますが、と言われることが多い。

 従姉妹が着くのは、ケネディー空港か、ラガーディアだと勝手に思いこんでいたら、ニュワークだった。コンピューターで調べると、空港から、マンハッタンに入って来るのに、3つの方法がある。空港エクスプレス、鉄道、PATHトレインを使う方法だ。

 地下鉄で、チェルシーの画廊街を見ようと23番で降りると、PATHと書いている。ここから乗れるのか、と思い、予行練習に空港まで行ってみようかと予定を変更して、

 

PATHの改札に。地下鉄のチケットは使えない。PATHトレインは、一回券が1,75ドルで2時間使えると書いている。改札に通すと、チケットが出てこない。調度側に作業中の人がいて、チケットが出てこないと言うと、彼は機械を開けて探してくれたが、なさそうな様子。今度は鍵を入れて、底まで調べてくれた。私が買ったチケットが底に沢山入っている。そういうのです、というと、一回券は戻って来ない事がわかった。それなら、」2時間使えるという意味はどういうことなのかしら。買ってから2時間は改札に入れられるということなのか。私はてっきり、2時間以内なら、また使って帰ってこられるのかと。 PATHトレインは、海底を走る地下鉄で、マンハッタンとニュージャージーまで、結構長い間、海底を走る。揺れが大きい。もう100年走っている。

 

 PZTHトレインの路線は3つに分かれているので、どこから空港に行くのか、何も書いていない。向かいに旅行に出かけるらしい親子が座っている。彼女が降りる駅で降りてみた階段を上がり、改札口に行くと、向かいにエアートレイン、と書いた改札口が見えた。 エアートレインは、6,7ドルかかるので、そのまま改札を出ないで、引き返すことにした。私が乗ってきたのは、33番から走っている線で、そこからワールドトレードセンター行きもある。ワールドトレードセンター行きに乗ってみた。33番からのPATHは、長い時間がかかったのに、ワールドトレードセンターまでは、あっという間に到着した感じがする。駅の構内に入ってくる、すぐ側に、工事中のゼログラウンドが見えた。構内は、工事場に燐接している。このPATHを使えば、ニュージャージーからマンハッタンに入るのに便利だ。

 

駅を出てくると、旅行者の為の案内所があった。地下鉄への乗り換えは、歩いて別の駅まで行かなければならないのが、ちょと不便。工事が終わるとつながるのだろう。

 

 この駅の近くに、私がよく行く、ディスカウントストアー「センチュリー」がある。

 デパートの外で、買い込んだ買い物を置いて休んでいる女性は、昼なのにお疲れ状態。早くから行動しているのだ。工事現場の人達は、昼休みであちらこちらに座り込んでいる。 私のお腹も空いて悲鳴を上げて始めた。