明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

生方副幹事長

 

 生方議員のやり方は、私には、理解しかねる。売名行為としか取りようがない。

 小沢幹事長の下で、副幹事長として、小沢さんが一人では出来ない仕事を補佐するのが、副幹事長の仕事。不満があるのなら、内部で、小沢三さんに、直接ものをいうのなら、話はわかるが、産経新聞のような、右翼的な新聞のインタビューに、喜びそうなネタを流すとは、どうにも理解できない。

 小沢さんは、副幹事長達に、口出ししないし、個人的な悪口、批判は一切言わない人だから、あまりにも、小沢さんを非難してはばからない、生方さんに、辞表を出してほしいとお願いした所「自分から、やめる理由はない。」と。「それならやめてもらいます。」どこの会社でも、あることだと思う。

 会社の社長の悪口を、雑誌に垂れ流して、書いてもらえば、当然やめさせられる。不愉快極まりない存在だ。

 「ここで働いてもらわなくてよろしいです。どうぞお引き取りを。」

 小沢さんは、自分の事で、迷惑をかけて民主党の支持率が下がるのは忍びなく腹をくくって、耐えに耐え、「副幹事長に戻って、みんなと仲良く、民主党のために働いてください。」と言ったにちがいない。

 内心、生方さんのような人間は、大嫌いだと思う。

生方氏は、副幹事長の役を引き受けて、2,3言いたいことがあると言ったが、小沢さんは、時間がないからと、すぐに席を立って聞いてもらえなかった、と言う。「それほど時間がないようではなかったのに。避けたのでしょう。」

小沢さんは、生方氏の顔を見るのは、限界だったに違いない。爆発してしまえば終わりだ。

 生方氏は、これからも、副幹事長達と仲良くやっていくつもりはなく、言いたいだけ言って、ぐちゃぐちゃになるだろう、と豪語している。

 生方氏が、騒げば、民主党に取ってマイナスになる。お家騒動は、マスコミに取っては、ありがたい。これで、しばらくは、視聴率が保てる。

自民も、民主も、今や、マスコミに踊らされ、利用され、営業のサンドイッチマン

生方氏は、名前が売れて、連日、テレビにお声がかかっている。

 国民は、自分たちの生活に、仕事に、家庭に、不満だらけで強いられた我慢のはけ口に「あいつは悪い」とやり玉にあげるターゲットを求めている。

 国民の支持率なんて、マスコミの営利主義に、乗っかって、悪者はだれだ?不満をぶつける人間は、我々の代弁者だ、の数値にすぎない。

 

 生方氏は、民主党の皆が思っていて、言えないことを言っているから、英雄だと思っているが、猿回しの猿ではないか。