明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

心の館「清水」

 

 心の館「清水」

食べログで、高得点を得ている、お店なので、行ってみたら、満席だった。近くに「島国」に行ってそれはそれで正解だった。それがきっかけで、お初天神辺りに惹かれて、再び、「清水」を覗いた。

 火曜日とあって、お客さんが、小休止なのか、テーブル席に空きがあった。

店の外には、本日の3品が出ている。

yこわのタタキ

 よこわのタタキ、若竹煮、ホタルイカ、この3品で1800円と書いていた。ほかのメニューも外に出ているので、高くはない店のよう。

 お酒を注文して、突き出しが来てからの注文となる。突き出しのお味は、お酒に合うように出来ている。上品な美味しさ。お酒は少々辛口。

若竹

春野菜の天ぷら

 良い店は、器が良い。最初に出る、とっくりでこの店料理にかける、こだわりがわかる。 よこわのタタキ、若竹、ホタルイカ、順次に、料理を盛る為の器に盛りつけ、ゆっくり出てくるのも、料理人の呼吸にあわせて、美味しいものを、最高にたべてほしいというこだわりだ。

 ここは、なかなかのもの、一流の割烹なみだ、と思っていたら、店の奥に、有馬で観た「古式流のお料理さばき」の写真がかけてある。トイレに入ると、鉄人、道場さんと一緒の写真が。

 この店は、その辺りの飲み屋さんとは違う。食事が済んで、挨拶に来られたので、古式流の事を聞くと、ここのご主人は、住吉とか、大阪の、そういう古式流があって、そこに所属しているとか。

 鳥料理で、ここの「富士鍋」は 店のご自慢らしい。夏場には、1週間前に予約をしておかないとスープの仕込み上、食べられないと書いている。

 

それも魅力だけど、それを注文すれば、ほかのものが食べられないので、初めてでもあるのでやめた。

春野菜の天ぷら、鶏の照り焼き、まぐろのカマ作り、最後のシメは、鳥雑炊に。

文句なしに、どれも美味しい。まぐろのカマは、魚ではなく、肉のような感じで美味しかった。大山の鳥も、上品に油がのって、旨さがじわっとひろがる。

定番だけど、どうしても、鶏の唐揚げを毎回注文する客も多いとか。ほかに、塩焼き、鶏の作りなどもあるが、次には、是非「富士鍋」を食べてみたい。

コラーゲンたっぷりで、美肌効果てきめんですよ、と。こだわりのスープは、コラーゲン満点だと。

 敗者復活で、もて、もての引っ張りだこ? 夢見ごこち。

 曾根崎2-2-11安田ビル 1階 06-6365-5506

http://ggyao.usen.com/0004019548/

 日曜日定休