明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

脱小沢を撤回して、脱官僚を目指せ

 

 ここに来て、小沢さんの出馬は、話し合いによっては、回避されそうだ。

お互いの政策の違いを、国民の前に差し出し、お互いに、戦ってほしいと言う意見もあれば、この緊急時に、選挙なんかしている場合ではない、という、2分された意見はあるものの、民意では、菅総理に続投してほしいという意見が、大半を占めている。

 小沢さんは、もともと出たくない人で、総理になれば、毎日、針の莚に座らされる。嫌いなカメラの前で、説明責任を突きつけられることも覚悟しなければならない。

 出来ることなら、挙党態勢で、脱小沢の今の状態から、陰の総理として、革命的政治を、実践できれば、これにこしたことはない。

 鳩山元総理、とすれば、政権を取った、民主党の解体が、最も恐れられること。

民主党は、鳩山さんが、多額の金を注ぎ込んで出来た政党で、 鳩山さんが、総理に就任した際に、述べた理想である、祖父の、「友愛」が、中軸にある。

 自分の意見が自由に言い合えるのは、良いけれど、一向にまとまらず、好き勝手な、政党に、小沢さんを迎えたのは、鳩山さん。党内に異論はあっても、民主党は、鳩山さんのお金で成り立っている政党だから、従わざるを得なかった。

 民主党らしさ、を強調する、民主党議員は、もともと、小沢さんを嫌悪する人だった。

 原田さんも、反対した一人で、嫌いだったと。

 

小沢さんは、議員達の好きかってな意見を、押し込め、民主党が、ただ一つの目的に向かって、選挙で勝利し、政権を取るまでは、実質「小沢民主党」として戦って来た。

 1枚岩が崩れたのは、小沢さんに頼らなくても、良くなったからだ。

 菅さんは、お金は出さず、勝ち馬に、乗ってきたような人で、鳩山さんと小沢さんという「財源」を利用して、総理に成り上がった。枝野さん、仙石さんは、自分の本当の同士なので、脱小沢で、民意を味方につけて、やれると思っていた。

 鳩山さんは、当然、自分を支援してくれるだろう、と。小沢さんを引き入れた時には、そういう約束もあったかもしれない。使えるものは利用しようと。

 菅さんにとって、鳩山さんの小沢さんへの忠義は、誤算だった。

総身大臣の原田さんが、言うように、小沢さんは、随分変わった。辛抱強くなった。多分、年の功という所もあり、元気もなくなった、とも言える。

挙党一致で、トロイカになれば、

脱小沢を掲げていた、議員達は、小沢さんから、脱官僚を問われるだろう。

小沢さんが、最も不満ろしている所は、そこだ。

ポストを要求した、とか、嫌いだから、とか、そんなことでごねているのなら、とっくの昔に、解党している。

官僚のいいなりになって、政治主導が出来ていないから、怒っている。

財源は、50兆は生み出せる、と小沢さんは思っている。長年、自民党の中枢にいたから、知っているのだ。

予算を全面的に組み替えると小沢さんが、言っていることが、出来ていない。官僚政治に、逆戻りどころか、よけいに悪い状態にある。

 マスコミも、誰も、このことに触れない。

検察と、小沢さんの戦いは、官僚と民主主義との戦いなのだ、と誰も言わない。

山岡さんが、仕分けにしても、皮下脂肪を取っただけで、内臓脂肪が随分ある、と言う。

そこに手を突っ込まさせないのが、官僚組織だ、と私は思う。

おだてられて、天狗になっている。陰で、あやつる官僚達は、こう言っているだろう。

軽いものですよ。我々の頭にはかないませんからね。実力が違います。

トロイカを組めば、小沢さんは、全面的に指示することを、承諾させるだろう。任せてはおけない、ひどい現状なのだから。任せておけば、益々、国民の生活はだめになるから。

まず、普天間基地の問題を、アメリカと対等の関係に。外務省と防衛省がしくんだ、辺野古移設を、撤回させることから、始めるだろう。デフレを食い止めるための、方策は、小沢さんの中には、とっくに出来ている。