明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

ラスベガスに着いた。

  

 ラスベガス空港から、市バスの108番が、ヒルトンホテルの近くで停車すると聞いて、それに乗った。料金は、2ドル。 

 一度来たことのあるホテルなので、ヒルトンを撰んだが、無料のチケットがいろいろついているのも、魅力だった。

 朝食が2枚、スパ2枚、フリードリンク2枚ついている。料金は、二日で、93ドルという安さ。

 ホテルは、カジノでお金を落としてもらうのが目的だから、ラスベガスのホテルは、どこの値段が安い。

 ほとんどの客が、カジノをするのが目的だ。どのホテルのカジノも、喫煙フリー。

 ヒルトンは、オフスリップにあるので、中心のスリップから少し離れている。

 着いた日は、もう遅かったので、どこにも出なかった。

 日中は、暖かくなるけれど、日が暮れるとすごく寒くなる。

 部屋は、まあ、まあだけど、水はけが悪くて、流れない。フロントに言うと、隣の部屋に変えてくれた。

 カジノは、客がほとんどいなくて、閑散としている。月曜日だからだろうか。部屋の水は、4ドルと書いているので、下の売店に買いに行くと、3ドル80、あまり変わらない。とりあえず、1本買った。明日、どこかのスーパーまで買いに行こう。

 持っていた、バナナとナッツにチョコレートを食べて、夕食の代わりに。

 大きなベッドが二つ、部屋は結構広い。グリーンカードがあって、掃除をしなければ、10ドル券をくれるらしい。

 私一人だから、掃除はいらない。寝る前に、カードをそとののぶにかけた。

 朝、起きると、9時前。

 部屋からの眺め

朝食に行くと、メインカジノの中にある大きな、バイキング専用の部屋。思い出した。ここだった。

 朝食は、料金は13ドル90セント、ランチが15ドル、夕食が19ドルになる。

沢山の種類がそろっているが、料理はあまり美味しくない。お菓子がものすご豊富なのに、驚く。

果物を沢山取った。料理も少しずつ取ると、結構な量になる。お腹が破裂しそうに鳴るくらい食べた後で、ヨーグルトを、又、果物を添えて。

 ニューヨークに来てから、肥える一方だ。