明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

管、岡田、仙石の貧乏神には、うんざり

 

岡田幹事長が堅物で融通が利かない性格であることは、今に始まったことではないが、民主党を一つにまとめるべき役割であるはずの幹事長役には、全くふさわしくない。

 岡田幹事長は、小沢さんに、国会の場で、国民の疑惑に、政治家の倫理観から、自ら説明するべきだ。国民がそれを望んでいるから、と言うのだが、幹事長としては、党を一つにまとめ、国民の為になすべき政治を円滑に運営出来るように粉骨努力するべきだろう。

国民は、説明すべきかと言われれば、すべきであると答えるものの、それよりも、民主党内で、ごたごたともめていることにウンザリしている。

管総理、仙石官房長官、岡田幹事長の、鬱陶しい、貧乏神がとりついたようなうさんくさい顔は、見たくもない、と思っている人は、私だけではないだろう。

管総理は、たとえ、支持が一パーセントになろうとも、総理の椅子にしがみつくつもりらしい。総理の椅子が生きる目的であった人だから。

岡田幹事長は、何がなんでも、小沢さんを、政治倫理審査会に引きずりださねばならないという使命感にがんじがらめになっている。クリーンで潔癖であることがバックボーンになっている人だから。

  仙石官房長官は、開き直ることはなんでもない。権力だけが、政治を動かせることを熟知している。

管総理、仙石官房長管、岡田幹事長が、揃って、小沢さんを擁護し、「小沢さんを信頼している、法廷で頑張って自らの無実を勝ち取ってほしい、」という、信頼に根付いた、希望的で未来志向のメッセージを国民に発するべきであった。

民主党政権交代をもたらしたのは、小沢さん、自分達は、小沢さんと生死を共にする、というような強いメッセージを、野党や、国民に発し、ぶれないでいれば、

これほど、国民の支持は離れなかった、と私は確信している。

小沢さんは、協力を惜しまないであろうし、知恵を政治に使うことも出来たであろう。

自己保身に走り、人間の器が小さく、決断力に欠け、指導力が全くない、何がしたいのか、国民の為に、どうすべきなのか、誠意が伝わらないから、国民の心が離れてしまっている。

小沢さんを嫌っている人でも、小沢さんなら、やってくれたかもしれない、と内心思い初めている人も増えて初めている。

民主党が、今すべきは、一丸となって、一つにまとまり、困難な立ち場にある、同士を全面的に後押しし、擁護すべきなのだ。そうすれば、国民は、人間として信頼に値する人物であると、見直し、もう少し、暖かい目で見ていこう、もう少し、辛抱して、希望をつないで、民主党に託そう、そう思うようになるだろう。

民主党が、粉砕するか、浮かび上がることが出来るかは、そういう団結と決意、一人を信頼し、援護し、愛情を持って、最善を尽くす人となりにかかっている。

「 小沢さんは、いつでも説明されるとおっしゃっていたのですから、出て来てもらえると思っている、」

と仙石官房長官、管総理、岡田幹事長は、小沢さんが言っていたことなのだから、と小沢さんの責任であるかのような言動を並べている。

代表になれば、いやでも国会の場で、説明を求められるようになる。自分は何もやましいことがないので、いつでも説明する、と小沢さんは言っていたのであって、

 強制起訴され、被告人となることになり、遅かれ早かれ、司法の場で、証言を求められることが、決定している 今と、事情は違っている。司法の場に移ったのだから、司法の場で、説明される。魔女裁判はいらない。

 小沢さんは、自分が政争の具に使われるとしても、それで、野党とのゴタゴタにきりがつけられるならば、政治倫理審査会に出るつもりだ。

 かけひきの道具にして、国会の運営を円滑に出来るのであれば。

 そけひきの嫌いな、できもしない岡田幹事長は、それを拒んでいる。実に、幹事長の器ではない。