明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

小沢さんの出演時間を阻止するために、管総理は急遽、朝日に

 

昨夜BS11に、小沢さんが出演することが、朝の収録の時点でわかっていた。その同じ時刻に、管総理が、朝日テレビ報道ステーションに出演していたということを、朝のニュースで知った。

それが、意図的なもので、小沢さんが終演するので、その対抗で、視聴者を取り込む為に、ぶつけてきたものであることが、永田町からの確かな情報で、明かになった。

 管総理は、ニコニコテレビにも、7日の夜に、出演する。昨日は、岡田幹事長と、蓮方さんが、個別でインタビューに出演している。

昨年の代表選においても、管総理が、小沢さんの演説に乗って、主張をコロコロ変えていたのが、目立ったが、尻馬に乗って、相手を蹴落とすのが、得意のようだ。

なりふり構わず、手段は選ばす、マナーなど通用せず、相手を叩きのめす。その結果、勝利を得たとしても、信頼関係がないから、事後処理が旨く出来ない。

菅さんの同胞と言われている人達に共通するように思える。こういうやりかたが、政治を円滑に運営させないのではないのだろうか。

管総理は、強いリーダーシップを発揮して、小沢さんを政界から追い出そうとしているのだけれど、岡田幹事長は、未公開の政治倫理審査会を、証人喚問のように、カメラを入れてオープンにすることを提案しているけれど、仙石官房長官や、蓮方さんは、

強制起訴になれば、当然のこと、議員辞職されるだろうと、くぎを指しているけれど、

彼らが言えば、言うほど、醜さだけが浮きあがってくる。

やがて、自分で自分の首を絞めるようにもなりかねないのではないだろうか。

たしかに。RT @Totemo512: バカ丸出しですねw @uesugitakashi @amneris84 RT 永田町からの生情報。今夜のBS11への小沢氏出演に対し、同時間に、報道ステーション菅総理出演。官邸から、報ステを見ろ、広めろと、お達しが。

約20時間前 Echofonから