明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

官僚が笑っている

管政権の第二次改造内閣が今日、発足する。

与謝野さんは、立ち上がれ日本に辞表を提出し、管内閣の、経済財政大臣に内

定している。これには、内外から批判が出ている。

自民党に取って、与謝野さんの裏切りとも取れる行為は、脅威だ。

打倒民主党が遠のく可能性が出て来たからだろう。

自民党時代、与謝野グループであった、後藤田さんを始め、自民党の議員が民

主党に流れれば、参議院でのねじれ現象は、解消する。

 

 

打倒民主党をかかげて、立ち上がれ日本を立ち上げたけれど、少数政党では

どうしようもない。そこで、民主党と連立を組んで、政権を担うことを提案し

たけれど、実現出来なかった。

与謝野さんは、自らを仕事人間と称しているように、政治を動かすポストにつ

かなければ、政治家としては、死んだも同然だと考えているのだろう。

やりたくて、仕方がない。かっこもくそもあるものか、ということ。

それが与謝野さんに取っては、「堂々たる政治」なのだ。

今回の人事から、見えてくるのは、財政健全化、赤字縮小改革である。

藤井さんが、官房長官の補佐にまわることで、財政健全化の為に、消費税増税

を強固なものにするだろう。

 霞ヶ関は安泰だ。官僚が笑っている。

与謝野さんは、保守本流で、官僚的な人である。民主党政権マニフェストは、ばらまきだと非難している人。

 マニフェストの修正も、陰で話が出来ていたのかもしれない。自民党を取り込むことで、安定政権を目指しているというのが、管総理の真の狙いではなか?

そうなれば、民主党らしさは、消え、政権そのものにしがみつく、旧来の官僚主導の自民党政治の復活になる。

 

 一方で、小泉改革を継承している、自民党の若手議員や、自民を飛び出した、みんなの党は、勢力を伸ばすだろう。

 案外、早く2大政党に集約されるかもしれない。