明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

自由な生き方について

 

出会う人は皆、師だと、高橋秀樹という役者さんが、言っていました。

悪い人は、悪い人としての師、ああならないでおこうとか。大きな心を持った

人に会うと、自分も心を大きく持たねば、とか。

良い面も、悪い面も、全て出会う人は、自分の師、だと言うのです。

役者さんであるので、役作りにおいても、様々な人々から、役所も学ぶでしょ

う。

そうだな、本当にそうだ、とうなずけます。

老いていく母を見れば、私の行く末がわかります。

言われたことにこだわって、頑なな人に接すると、私もそういう性格であるこ

とに思い当たります。

こだわらないおおらかな人に出会うと、私もああなりたいな、気楽だろうな、

と。

頑固、意固地さも、生きていく上に置いて、大切なことで、独自の道を切り開

いて行くには、重要でしょうが、最近、私は、そういう性格は、道を閉ざし

て、可能性を削いでしまうこともあるのではないかもと思うのです。

それよりも、自分をニュートラルにして、出会う人、回りの人を師として、そ

こから様ざまな知恵と生き方を吸収していく方が、成長し、自分が思いもよら

なかった生き方を見いだして行けるのではないか、と遅まきながら思うので

す。

こだわりや、変なプライドは脱ぎ去って、肩を軽く、気楽になる。それが本当

の自由だと思うのです。

好きに生きているように見えて、自分が自分を何処かで縛っていては、全く自

由ではありません。

なりゆきに生きることは、一見して自主性のない生き方のように見えるけれ

ど、実は、最も自由な生き方ではないかと思うのです。