明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

アールクラッドの鍋

 

鍋の続きです。

アメリカの料理番組に登場する鍋は、オールクラッドだそうです。料理人が使

っている、鍋とフライパンは、オールクラッドで、日本でも販売されていま

す。30センチのフライパンが、29000円で売られています。アメリカで

見たものも、それぐらいの値段だったので、重量を思えば、安いです。

お料理好きの人なら、ほしい一品かも。

ちなみに、やはり、18-10ステンレスです。18-8のステンレスは、ニ

ッケルが8パーセントという表示で、18-10は、10パーセントです。

これだけでは、鍋の良し悪しは、決められないでしょうが。

オールクラッドは、とにかく重いく、鍋がしっかりしていて、私が買ったビタ

ークラフトよりも上質のものだということは、アメリカで、高級キッチンの店

で、実際に手に取って見てきたので、わかります。

最高の、なんて言っていてはきりがないし、あまり重い物は、この先、使いこ

なせなくなるでしょう。

安いステンレス鍋でも、今まで10年、15年と使って来たのですから、鍋

は、どれでも、一生物といえなくもないのですが、熱伝導が全体にむらなく、

保温力抜群で、光熱費がいらない、洗いやす句、汚れが落ちやすくて、素材の

味を美味しく、とあれば、オールクラッドとまではいかなくても、ほどほどの

値段で、良い鍋があるようです。