明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

晩餐会

 

   パリの香りを運んで、フランスの食材を使って、素晴らしい食卓と、新しい

方達の楽しい話の集い。

 まだ寒いサロンに、パチパチと音をたてて、赤々と燃える暖炉。

日本にあって、どこか外国にいるような雰囲気がするのは、調度や、色の合わ

せ方。

食事も、雰囲気も、集う人達も、素晴らしかった。

バベットの晩餐会ではないけれど、特別の会食のように、私が感じ、味わえたのは、

集まった人達が、ゆったりとその場を楽しんでおられたからでもあるし、9人という

人数も関係しているし、お話が新鮮で、興味深かったことも。

 お料理は、パーフェクトだった。 

チーズフォンデュの美味しさに酔った。昔、父が健在だった頃、スイスのインターラーケンで、

肉のフォンデュを食べたのが、初めてで、旅行会社の案内人は、チーズは食べられないですよ、日本人の考えている味とは違って、と聞いていた。

 チーズフォンデュの美味しさは、ワインとチーズが決めて。あまりの美味しさに、随分いただいて、酔った経験がある。それ以来、初めてかな、昨夜のチーズフォンデュ

 フランスから本場のチーズならではの美味しさ。

 前菜の、スモークサーモンも、味が違う。

 エスカルゴも美味しかった。

 キッシュが、少し柔らかなのが、私の好みにぴったり。

 彼女がパーティーで良く出してくれる、鴨のオレンジソースは、中の肉が軟らかく、表がかりっとしていて、とても美味しかった。今までで、最高の出来じゃないかな。私もチャレンジしてみたくなった。

 ビタークラフトのフライパンを買ったのは、彼女が、肉に焦げ目がつかないとだめ、と言っていたからでもあった。美味しい料理は、調理器具も大切だ。

 それを最も思い知らされたのは、マーブルコートのフライパンだった。テレビの宣伝で、ほしくて買ったのは良いけれど、チャーハンをしても、あまり美味しくない。野菜炒めも味も。

 

 ビタークラフトの7層フライパンを買って、初めての料理が、無水でゆでた、菜の花。

 これが、なんと美味しいことか。野菜の甘み成分が引き出され、香りも残っていて、とても

 美味しかった。

 昨夜の、鴨のオレンジソースは、是非、作ってみたい。フランス産の鴨は手に入らなくても、阪急で本鴨が手に入る。鴨に目がないひとがいて、その人から、季節になると、阪急で鴨を買いますねん、美味しおっせ、と教えてもらったことがあった。油が乗って、濃厚だと感じ、私はどちらかと言えば、合鴨の方が柔らかくてあっさりしていると好きだったけれど、鴨のオレンジソースには良さそう。

 と言っても、訪れる人のいない、我が家だから、いつになることやら。

 画家の友人は、古くからの交友関係と新しい出会いが、彼女の個展を中心にして広がり、輪が大きくなっていく。お料理をするのは、大変だし、そのためのお掃除、気遣いと、出費も。

 エネルギーも、愛情も、並外れている人でなければ、出来ないことだ。

 吉田さんも、いつでも。どんなときでも、人を迎え、食事を作って、もてなしてくださった。

昨夜、初めてお会いした、坂上さんという画家も、初めてお会いして、ずっと以前からの懐かしい人のような、独特の優しさがにじみ出て、素敵な人だった。

 友人のブログで、毎年、沢山の人達が集い、パーティーの模様を見せてもらったことがあって、不思議な雰囲気の世界だと思っていた。その方が主催するパーティーだった。

  持ち寄って来られた、ケーキが重なって、ケーキも沢山頂いた。でも、不思議なことに、全く胃もたれなく、飲み過ぎてもいず、帰りも、丁度良い時間で、車で来られた方の2台の車に、乗せてもらって、駅まで。

 電車の中でも、話が尽きず、あっという間に、家に帰って。

 本当に、楽しい夜、調和が取れていて、胃も喜んでいて、心も身体もさわやか。