明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

福島原発の状況は悪化している

 

福島原発の情勢は、確実に悪い方向に向かっているようだ。

今の所は、安全だということだが、最悪の状況を予測して、備えるべきでは

ないか、と私のように、気の小さい人間は思ってしまう。

20キロから30キロ県内にいる人達に、家の中から出ないように、と注意は

出ているが、その情報を知らない人達もいるだろう。情報が行き渡っていると

はとても思えない。

なのに、作業をしている、保安や自衛隊などを、一時50キロ離れた所まで避

難させた、という報道。危険ではない、というのが事実ではないのだろうか。

4期目の都知事立候補を決めた、石原都知事が、東北関東大地震を、「天罰

だ。」「津波に洗われたら良い。」と言ったと、テレビのニュースで、出てい

た。暴言にしても、あまりにも酷い。こんな人を、東京都民は、こんな人をま

た都知事に選ぶのか。

上から目線で、偏見的である発言には、今までも問題になっているが、教祖様

になったつもりだろうか。

今朝は、関東にまで、放射線が検出されていること、東海での地震が起こる

と、青ざめ、トーンダウンしている。

自宅待機するように言われている人達は、いつまでも家に閉じこもっているこ

とは出来ない。

危険が予想されるなら、今のうちに、安全な場所まで、避難しておいた方が

良いのではないか。

50キロ地点まで、撤退させたのなら、少なくとも、50キロ地点まで、住民

を避難させることが、先にするべきことではないか。