明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

日本の隠蔽体質は変わらない

  

震災地の人達の為に、ボランティアがしたいと思っている、若い人達が多い。子供達は、子供達同士が結束して、子供達ならではのアイデアを出し合って、震災にあった現地の人達のために、グッズを造って、その売り上げを、日赤を通して、義援金にしている。世界の子供達が虐待されていることを知った、子供達が子供の人権を守る為の運動を展開したのが、そもそもの始まりで、子供達でないと出来ないボランティアを展開している。

 子供達は、こんなに純粋に、世界の平和を願い、未来が明るいことを信じ、大手メディアと東電から出される報告が信頼性のあるものだと信じている。

 若い人達は、ボランティアをすることで、皆がつながっていて、愛があることを実感すると言う。一つの目的、震災被害にあった人達の為に、という共通の目的に集まった若者や子供達。

この現象は、裏を返せば、それほど、子供達や若者は、愛に飢えているのではないだろうか。孤立しているのではないだろうか。共通意識が持てなかったのではないだろうか。コンクリートジャングルの中で、押しつぶされ、未来への希望を持てなかった若者だからこそ、被災した人々に共感し、役に立ちたいという思いと、自分の存在感を、ボランティアという場に求めるのではないだろうか。

東京電力と大手メディアは、原発の事故を隠蔽し、正確な情報を示して来なかった。地震が発生した時に、東電の会長は、メディアOBを連れて、中国に招待旅行中だった。田中さんが、会長に追求しても、参加者の公表はされなかった。

毎年行われている、この訪中を、指揮してきたのが、江田五月議員、海江田万里の名も上がっている。

http://blog.goo.ne.jp/project-justice/e/63f87643262071e163c9a791a38f126d リストが公開されています。

 上杉隆さんは、今年の12月で、ジャーナリストとしての活動をやめると宣言。最初の段階から、メルトダウンがわかっていた、世界と、表に出さないまま、東電を守ろうとした日本の危篤権益集団との温度差。世界の情報が正しいとなると、日本の情報は間違っているし、日本の情報が正しいと、世界の反応は異常反応になる。上杉さんは、日本のジャーナリストとして行動することは、ジャーナリストといしての資格を放棄し、隠匿集団の、加担者になることになるhttp://uesugitakashi.com/?p=658から、ジャーナリストとしての活動をやめる。

毎日、何度も行われている、東電の記者会見に、自腹を切って、質問し続けている、二人のフリージャーナリストがいる。

 昨夜の、ニュースの深層に出演。

海水に流すことを決めたのは、誰かと問い詰めても、答えない。低濃度という表現で、国民を安心させようとしているが、高濃度というのが正確なのだ。

nekotorao そもそも低濃度とは基準値未満の値に対して使う用語。基準値を越えた値に対して高中低を区分するボーダーラインは存在しない。敢えて言えば急性障害が出る値に対して「非常に高濃度」という表現が許される R @NextStageSpirit: @uesugitakashi #sokotoko

about 3 hours ago twiccaから

 海外でなら、情報を出せ、と記者が取り囲むのに、二人の質問に、やめろという言葉が、大手メディアの記者から発せられる。

 

海外では、日本が、放射能テロの国だ、という報道まで出ている。

最初の段階で、海外からの援助、派遣を断ったのも、自分達で処理しようとした隠蔽体質、この国は、何処までも隠蔽体質をやめないだろう。

だから、今、出されてている報道のどれを信じてよいのか、疑ってかからないといけないのかも、わからない。

ヨーロッパを旅行している日本人が声をかけられた。

「あなたは日本人ですか?」

そうだ、と答えると、その人は席を立って、場所を変えたそうだ。

アメリカでは、日本食レストランに人が入らなくなった。

 カナダで採れた魚を使っていても、怖がる人が増えた。

風評だと非難できない。正確な情報を出さず、隠蔽してきた日本情報に

信頼性はなくなっている。

海外と、日本の、果たしてどちらが正しいのか?

日本では、ヨードのことばかり報道されているが、海外で問題にしているのは、セシウムのほう。30年と8日間の違い。非情に高濃度と、低濃度との違いにも現れている。

 子供達は、いつも犠牲者だ。

 姑息な大人達の犠牲者だ

 日本の隠蔽体質の犠牲者だ

 疑うことのない、純粋で壊れやすい

 子供達の、澄んだ目を汚染し

 既得権益を守る続ける権力者達よ

 老いて、生きながらえようとする

 自らの姿を鏡に映してごらん

 鏡よ、鏡よ鏡よ、

 この世で、誰が一番、美しいか

 鏡は答えるだろう

 子供達です

 鏡よ、鏡よ鏡よ

 この世で、誰が一番、豊なのだ

 鏡は答えるだろう

 貧しい人達です