明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

玉三郎、特別舞踊公演

 

 

京都の南座に、玉三郎特別舞踊公演を観に行きました。

先日、満開だった桜は、花吹雪を散らせて、春の名残を惜しんでいます。

 3階の一番前の席を予約出来たので、とてもよく見えました。玉三郎の素足の動きまで見えます。

素顔の玉三郎さんは、この世の人ですが、衣装をつけて、舞台で化身した玉三郎さんは、幻想の世界の人です。

美しい、美しすぎる。姿、形の非の打ち所のない、完全美。玉三郎の後継になりうる役者は存在しない。近づこうとすら出来ない。誰もがわかりすぎるくらい、他を寄せ付けない、特別な、唯一の、「美」が舞台を輝かせ、観衆を飲み込み、引きつけてやまない、魔術を秘めている。

八千代座から記念切手を発売。

舞台でも、亡霊、魔物などの役所が多いのですが、今回の2作品も、大和の大蛇と、滝夜叉姫を、殆どが舞踊表現で、演じている。

海老蔵さんの事件から、玉三郎さんの相手役を勤めている、獅童さんは、棚からぼた餅を頂いたように言われているけれど、瓢箪から駒のように、素晴らしいコンビで、玉三郎さんには、海老蔵さんよりも、良く合っているような気がします。

先日のトークシヨー

海老蔵は、顔立ちは美しいけれど、相手役というよりは、動きも、演技も濃厚で、熱すぎるので、玉三郎を、より美しく目立たせる為には、獅童さんの、欲のない、自然で上品な演技、小顔で美しい博多人形のような、透明な顔立ち、良く通る声のエネルギッシュで品格のある響きが、玉三郎の相手役としてぴったりだと思わせる。

歌舞伎では珍しい、カーテンコールがあって、私は立ち上がって、三階席から、ブラボーと、言ってしまった。

知らないもの通しが、素晴らしいわね、感激したわね、と同意を確認しなければすまないほどの、感激を、観衆の皆が味わった。

隣の女性は、「何もかも忘れて、久しぶりに嬉しかった。ほんと、幸せです。」と言えば、その隣の着物姿の女性は、涙を流して「カーテンコールは初めて。感激で胸が一杯です。良かったわ。」

 常磐津、お囃子、三味線、全て、パーフェクトな舞台でした。

パンフレットを最近は買わないのだけど、母にも見せてあげたくて、購入した。

ほれぼれするような、あでやかな2人の写真が入っている。

17日まで、南座で公演があるので、当日席も、三階、2階の安い席は空いています。興味のある方は、是非。

 お腹空いた。いつも行く、そば丸は、閉まっていて、以前に見た、きになるハンバーグの店に。前に沢山の人が並んで待っていたから。

 サラダと手作りハンバーグにライスを注文したら、サラダが一杯、ハンバーグも私が作る2個分ぐらいあった。単品880円、ライスが200円。

 昔、学生時代に、神戸に行くと、友達とよく入った、赤ひょうたんの味とよく似ていた。

 いまでも、赤ひょうたん、あるのかな。