明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

パリの2坪星ホテル

  

友人の近くにある、ホテルは、予想した以上に良かった。

部屋はパリのホテルとしは、広く、キングサイズのベッドが入っている。

新しいホテルで、趣味も良く、シャワーからのお湯が豊富、インターネットは

無料で、朝食付き。冷蔵庫までついている。

どんなの当たり前?

と思う人、とんでもないですよ。

オデオンの便利な所だから、と泊まっていたホテルなど、条件の悪いホステル

が個室というだけのもの。ビデだけは、どこのホテルにもついrているけr

ど、トイレも共同というところも。

高級なホテルにしか泊まらない、日本の観光客は、とても泊まれないだろう。

私も、パリに初めて長期で泊まったホテルは、星なし。凄く狭いけれど、ツイ

ンの部屋で、片方のベッドの上に荷物を置いていた。トイレは階下、シャワー

は、いちいち鍵を借りて使わせてもらう。

パンとジャムだけの朝食、まずいコーヒー、今では、新鮮な思い出として

宝物のような体験の一つになっている。

だかラ、ここは、天と地との違い。快適そのもの。

でも二日だから、ホテルで快適だと言っていられるけど、これが1週間になる

と、外食ばかりのホテル住まいはウンザリしてくる。

キッチンがついているかいなか、これは大きい。

このホテルでも、キッチン付きの所もあるようだ。

季節では、高くなるホテルも、閑散期は、低料金で泊めてくれる。

夜に、飛び込みのカップルが受け付けで、前料金を払っていた。

このホテル、駐車場もついている。3ユーロで一晩。

この界隈に、以前はホリデーインだったホテルは、今は経営が変わったのか、

おオールシーズン、と言う名前に。ネットで85ユーロだった。シーズンにはぐ

んと高くなる。

隣に、クオリティーイン、スイーツのホテルがで来た。このホテルは、アメリ

カでは、夕食時にドリンクと簡単な食べ物のサービスがある。ハムや果物、ス

ープにパン、サーモンなどのおつまみになるもの。

私は、これで、夕食はいらなかった。

パリでのサービスはどうかわからない。ここは、去年の5月に、110ユーロで泊

めてくれると。ホテルが値段は決める。

ホリデーインとか、クオリティースイーツになると、部屋は凄く広くなる。

家族5人くらいで泊まれるくらいの広さを持っている。

アメリカでは、家族ぐるみの旅行が多い。子供達は無料で、食事も無料。

少々、高くても、家族では、こういうホテルを撰ぶと安く上がる。

私が泊まってるホテルは、表通りにはなく、私も知らなかった。

インターネットサイトで、友人のアパートから、近いと思った。

値段も安かった。二晩で130ユーロ。インターネットだから、この価額を

見つけた。その後、すぐに、このホテルの値段が、高い部屋しかなくなってい

た。

インターネットを使っての、条件に見合う、最良のホテルの予約をするには、

時間もかかるし、体力も使うので、、疲れる。暇人でないと出来ないことで

す。

部屋のドアに、シングルは144ユーロ、と書いている。

夜中、やはり咳き込んで。夜中に起き出してごそごそ。勝手気ままに出来る気

楽さ。ユースホステルでは、そうはいかない、泊まるだけだから、と安いの

で、使うけれど、ホテルはずっと良い。