明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

パリからニューヨークに

 

朝、昨日のストの影響が残っていて、エレベーターが動かない箇所があって、

腕の関節がおかしくなった。階段は困る。

昔、パリに初めて、一月の滞在で来た時、毛皮を着て、その上にレインコート

で覆って、大きなスーツケースをかかえて地下鉄の階段を上り下りした。

汗びっしょりになって、顔からも汗が噴き出して、安宿にたどりついた思い出

は、貴重だ。

朝、パン屋があくのを待って、パンを買い、空港には、随分早い目に出かけ

た。朝食を食べないで出たので、トイレの心配もしなくて良い。

今朝は、3時に目覚め、頼んでおいたモーニングコールのお世話にならなかっ

た。

空港につくと、パンとハム、コーヒーなど、お腹一杯食べて、インターネット

をして時間まで、あっというま。

フランクフルトでは、5時間近くの待ち時間。ラウンジがあるので、随分助か

る。

美味しそうな食事が合ったけれど、朝のパンでお腹が膨れて、食べられない。

それでも卑しいから、サラダのピクルスとジャイモのサワークリーム、これ

は、ビールに良くあう。ビールのつまみに。

ドイツにいると、やはりビール。フランクフルトソーセージにこれらの付け合

わせ、カスタードを添えて。これだけは食べなきゃ。

フランクフルトのラウンジ

寝むけが出るが、そこは我慢。空港で寝てしまうと大変だ。

やっと飛行機に乗り込んだ。飛行機は空いていて、席が空いている。

扉が閉まると、それぞれ、空いた所に移動している。

私に席は、中2つ空いている。飛行機が飛び立ち、最初の飲み物が来て、ワイ

ンを頼んだ。それを飲むと、寝てしまって、食事が運ばれていたのも知らなか

った。

結構寝ていた。8時間半の飛行の間、ほとんど寝ていた。

空港に、息子が迎えに来てくれて、ガールフレンドと娘さんも一緒。

ミミちゃんが、貝が6つづつよ。

うにや、蛤、海老などを買ってくれたようだ。

帰ると息子とガールフレンドがキッチンに立って、料理をしてくれた。

大はまぐり、ミミちゃんの大好物だとか。子供が、貝を好きなんて珍しい。

海老に、ししゃも、蛤の酒蒸し、うに、薄揚げの味噌汁。

どれも沢山の量なのに、皆、凄い食欲だ。

私は、飛行機内で食事を取らなかったので、お腹が空いているけれど、

まだ、頭が飛行機の揺れ状態で、ふらふら。

12時に寝て、途中何度か目を覚まし、トイレに行ったけれど、朝の7時まで

寝ていた。飛行機の中で寝ていたので、寝られないかと思ったが、相当、疲れ

ていたようだ。

ここは、日本にいるのと同じ。日本食と、Japan放送。