明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

母の母の里、九度山、学文路から帰ると、息子からの花束が

  

 昨夜、帰って来ると、宅急便の不在通知が入っていた。

 花と書いている。息子からの母のプレゼントだ。

 今朝、再配達してもらった。

 日比谷花壇から、宅急便で届けられた。凄く素敵な花のアレンジ、幸せな気分に。

 お客様でもない限り、花より団子で暮らしているので、

  勿体ないな、散在させてしまって、と申し訳無く思うけど、でも嬉しいこと。

 

 その前日に、アメリカから、息子のガールフレンドから、母の日のカードと、小物入れのバッグが、郵便で送られて来た。

 手作りの可愛いカードは、きっとみみちゃんが作ってくれたものかな。

  ハートを切りぬきにして、心のこもったもの。

  

  息子を持つ親は、とても幸せだと思う。息子が結婚すれば、娘が出来るから。

  ニューヨークに行くと、お昼ぐらいまで、息子のガールフレンドと、  コーヒーを飲んで、なにか、つまんで、よくおしゃべりをしてしまうのだけど、娘と母親って、そういうものでしょう。 

 

 昨日、母の母、つまり、私の祖母が、家を空襲で焼き出され、終戦間近に疎開して、そのまま住んでいた、「学文路」という所に行ってみた。

 この前、和歌山に南海電車に乗って行った時に、学文路に行ってみたい、と友人に話していた。

 学文路から、茂野まで歩いて行ってみようと思ったけれど、学文路に降りると、御大師さんへの無料のバスが待っていて、 友人とそれに乗って、学文路大師にまずは。

運転手さんに、茂野への道を聞くと、この山の上だと言う。

 祖母の親が、茂野で、商屋だった。

高野山に入るのに、武士の最後の宿になっていた。山に入る侍が、刀を置いて行ったといか。庭に池があって、鯉が泳いでいた。竹林の中に 離れがあった。

私達は夏と秋、両親と学文路の祖母を訪ね。茂野の 母の祖母、祖母の実家を訪ね、そこに何日か滞在していた記憶がある。

 九度山の柿を、毎年、送って来てもらっていた。

  母は、一度お墓参りをしたいと言っていた。

 

記憶にある、学文路と、茂野を捜して見たいという思いで、出かけたのだ。

御大師さんは、月の行事のある日で、その辺りはお墓もある。

 曾祖母や母の叔父、従兄弟たちのお墓がどこになるのかわからないけれど、ここかもと思って、お参りして、学文路に戻った。

 駅前は大きな道路になっていて、紀ノ川はどちらかと聞いて、記憶を辿って、駅から、なくなっている道を辿った。

 古い酒屋があり、その先に、川に至るような細い道、こんな感じだと降りると、目の前に紀ノ川が、向かい岸を挟んで流れている。

 酒屋さんに、「この辺りに渡し船があったのですが。」と聞くと、この道を降りたところにあったのですよ、とのこと。

 やはり、この道、この川がその場所だった。

 松下、という名前を言うと、たづねた人は皆、茂野の松下は知っている。歩くと、時間がかかりますよ、と。

 祖父母が間借りしていた家は、母屋が、お饅頭屋さんだったので、それを聞くと、大通りの向こうに、饅頭屋があり、古くからのものだという。

 どこかに食べ物屋さんはないですか、と聞くと、一軒だけあるけれど、開いているかどうか、と教えてくれた。

 お好み焼き、と書いている。バスの運転手にも、聞いていたら、お好み焼きの店しかない、とのことで、この店のことだったらしい。

 昼間から、カウンターで、3人ほどの常連客が飲んでいる。

 お好み焼きが美味しい、というので、それを注文。

 茂野の話をすると、松下を知っていて、饅頭屋は、御大師さんの饅頭で、古くからあるとのこと、以前の場所は、と教えてくれた所あたりが、祖保母のいた所なのだろうか。

 私達も、御大師さんにお参りしたのか、と聞かれた。

  こんどは、21か、22日か、また会いましょう、会いたいと。

 女性の客は、神戸の出身で、その人の親兄弟は、震災で家が焼かれて、亡くなったとのこと。

 遠くて、近い話。

 食後、せっかくきたから、歩いて10分のお寺だけでも行こうということになって、

 西山寺、まで。そこも古いお墓がある。

 石堂丸物語の舞台になっている所で、高野山へ入り口にあたり、女人禁制の場所。

 学文路の駅まで歩いていると、自然の木の根の姿が見事なものを置いているガレージがあって、そこで、作業している人に話しかけると、趣味で、作っている人で、

 今年の干支だといって、竹で作った、竜の置きものを出して来て、写真を撮らせてもらったら、お土産にと頂いて。

 親切で、素朴な人達の暖かさを胸に、帰って来た。

 前日から、風邪を引いて、熱がある母を見舞うと、元気になっていた。

 食欲がないと言われていたけど、持参した、シュークリームと、御大師饅頭を、美味しいと食べてもらえた。

 どちらも、父が大好物のもので、父の誕生日が、御大師さんの生まれた日で、1月の21日、今年の干支の竜、というのは、いかなる縁だろうか。

  宝くじに良く当たる人、運の強い人は、水瓶座だと、テレビで言っていた。

 父は、宝くじに、100万円を当たって、何度か、当たっていた。

 良く当たる人は、何にでも当たるから、交通事故も何度か、最後は、階段から落ちて、コンクリートに頭をぶちつけた。

 運の良い人も、悪い面はある、ということだ。