明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

野田、小沢会談後の記者会見

    

 野田総理と小沢さんとの会談は、一時間半に及んだ。会談後の記者会見で、小沢さんが語っていた、重要な事実は、地上波では、一切放送されていない。

どの放送局も、「13兆円に及ぶ大増税を、今の地点で賛成かと問われれば、賛成出来ない。」というフレーズと、「増税の前にやるべっきことがある。被災地の復興、うんぬん」とかで、最も、大切な言葉は、都合の悪い物には蓋をしたままである。

 野田総理の会見後の記者会見での発言は、しっかりと伝えられている。

 野田さんの発言では、「小沢元代表は、消費税には反対ではない。今やるときではない。その前に、行政改革をして、地方分権を、と言われるが、それはしっかりやってきている。これからも継続してやっていく。」と言っているが、

 小沢さんは、「国の仕組みを根本から変える、と言って、国民の支持を得た政権が、自民党の後継としては、自民党よりも、良くなったが、抜本改革をやって、その中から無駄を省いて、国民の生活が第一の立場に立った政治を行わねば、国民の信頼を得られない。」

 野田総理が、行政改革はやってきていると主張するのと、小沢さんは、そのような行革は、自民党時代の延長線上にあるものでしかない。国の仕組みを根本から変えるには、強固な官僚機構の様々な抵抗に打ち勝たねば、やれない。それをやっていない、という小沢さんの、最も根本的で重要な発言は、地上波では一切流されない。

  

 メディアで造られるイメージによって、ほとんどの国民が、犠牲を強いられ、苦しくなるばかり。増税は、誰の為に?国民の為ではない。権力を牛耳っている人達の為に。

  電気料金の値上げは、原子力推進が、消費税の値上げは、財務省が。