明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

小沢さんについていく議員と離反する議員

   

民主党を割ってはいけない、そうなれば、魚の目のような政党ばかりになって、政治は暗澹たる物になると言って来た小沢さんが、今日、決断すると言う。

離党するとは、まだ口に出していないものの、消費税増税を撤回するように求めたが、野田総理の目を覚ますことは出来なかった。

 最後の最後まで、努力ししようという気持ちで、輿石さんに、働きかけようとしたのだろうが、輿石さんが、何の手助けにもならなかったことは百も承知していなければならないことではないか。

マニフェストは、小沢さんが造ったもので、そもそもそんな約束は実現不可能だ、と主張する、議員達が、権力を掌握して、民主党をぎゅーじっている。輿石さんは、日教組のドンだったひとで、腹をくくれば、やれたことをやらなかった。

 

 幹事長が小沢さんであったなら、断固、消費税増税に反対の立場を貫いて、総理の思惑を阻止するために全力を尽くしただろう。

 その上で、それがだめなら、幹事長を辞職しただろう。

 輿石さんは、テレビのインタビューに、応えているが、保身しか伺えない。

  議員達の顔つき、目つきを見れば、その人の心が見通せる。

  ひたむきな人、誠実な議員と、そうでない議員が、小沢さんと共に、離党する議員と、民主党に残る議員の顔つき、日頃の言及で良くわかる。

  

 こいつは、偽物だ、と思う議員達は、小沢さんから、皆、離れていった。今回もそうだ。 中塚議員、奥村議員は、賛成に回った。官僚とのスキャンダルを映された女性議員も

 賛成に回った。地元の意見に屈したかのように言っているが。

 反対票を投じたものの、民主党から、離脱しない、階議員、辻議員。

 棄権という、身の安全を確保した原口議員は、民主党に留まるように仲間を説得するというパーフォーマンスを。テレビに続出の、煮え切らない発言で、うんざりしている。

最初の頃は、、志と骨のある人かと勘違いしていたのだが、最近の激太りと、目が虚ろ。

 

  森議員と行動を共にしてきた、川内議員も、テレビに良く出て、顔が知れているが、

 鳩山グループに属していて、行動は鳩山さん次第。党に留まることへの、良心の呵責もあって、目が泳いでいる。

 鳩山さんは、民主党のオーナーとして、復権を狙っているようだが、小沢さんと行動を共にしないなら、政治生命は終わったと私は見ている。

  民主党において、マニフェストを造った人間としての、責任から反対票を投じた、というパーフォーマンスだけだった。人は悪くないけれど、殿様だから。

 その反対に、小沢さんが、急に若くなった。久しぶりに、血が騒いでいる。声にもハリが出て来た。2年前の代表選で見せた、小沢さんが、蘇ったよう。

 

  政治基盤の少ない1年生議員ばかりが、小沢さんについていく、と言われるが、手垢に染まっていないから、政治を変えようと、国民の役に立ちたいと、議員に立候補した

 曇りのない人達だけが、小沢さんについていくのだから、そのほうが良いのだ。私利私欲で動く議員は淘汰されて良い。

  求められるのは、そういう情熱を持った議員なのだから。