明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

飛行機が遅れて、ワシントンでまた長時間待ち

  

 ひどい、ひどいよ。

成田からワシントンまでの飛行機、20分遅れて、飛び立った。着くのは予定通りだと言っていたけど、遅れた。

お腹が痛くて、トイレに行きたいのを我慢して、入国審査には、二人目だったので、すぐに通過。荷物が出てくるのを待っている間も気が気でない。

手助けしてくれるという係の人に大丈夫だろうか、と荷物を待つ間に聞くと、行けるでしょうなんて。

 もうすでに、搭乗時刻を過ぎている。やっと出て来て、リチェックして、出ると、セキュリティーを通らなければ、ゲートに行けない。混んでいるので、ここでも待つ。やっと中に入り,案内係がいて、オハイオ行きのチケットを見せると,トレインに乗って、一つ目の駅がAです。でも急いで行かないと、と言われて、走ることまっしぐら。長い道。Aゲートに着いてからも走りに走って、息切れそうなくらいに頑張って、やっとゲートにたどりついた。

10分切れる感じsだった。ゲートは閉じて,飛行機は出たというのだ。

カウンターにいけと言われて、次の飛行機は、夜の10時過ぎしかない。

 息子に連絡しないと、迎えにやってくる。

荷物は? 大丈夫なんだろうか。柿の葉寿司とか、入れている。

もう何時間になるの?

 またここで6時間近く待つことになってしまった。

 カウンターから、電話を借りて、息子に入れると、留守電になっていた。

インターネットが出来るラウンジを探して、ルフトハンザのラウンジに行った。

ドメスティックの飛行機チケットでも、入れますか?と聞いたら、大丈夫だった。

中には美味しそうなものがあるのだが、まず、息子にメーるを入れて、それでも心配だから、電話をかけに出た。、

国際テレフォンカードが、10ドルと20ドル、で売っているマシーンに,10ドルをかうつもりでまず5ドル入れ、一ドル5枚入れようしたら、帰ってくる。

店に行って、5ドルに換えてもらって,帰って、来たら、5ドルは消えて、0になっている。10ドル紙幣を入れたら、カードのボタンを押しても出て来ない。

10ドルが返る所はなく、電話番号も書いていない。

空港の人に、これ、て、と説明しても、なんの解決にもならず、10ドルも飲み込まれたままで、やがて0になった。

25ドルの損失。コインにも換えてもらったので、携帯に電話したら、3つくらいの電話機が通じない。最後に、やっとかかった。メッセージは届いていたので、やっと安心。

仕事に差し支えるので、迎えにきてもらうの気が引けるけど、仕方ない。、

飛行機の中では、スクリーンがまともに使えなくて、何度かコンピューターのリセットをしてもらったけれど、だめだった。そのお蔭で、日本語のわかるスタッフと気安くなって話相手になってもらえたけれど。

最後に、お詫びのカードをもらった。機器の不都合があったからだって。

ルフトハンザのラウンジは、ドイツらしく、パンとハム、ソーセージにビールが美味しい、。 ドイツパンを使った、サンドイッチもいろある。

 ここで、夕食をすませておける。

アスパラガスのスープとソーせジのカレーソースが美味しかった。

 大分疲れているはずだけど、気が張っているから、そんなに感じない。

次の飛行機に乗らねばならないから。

 着けば,疲れが、どっとやってきそう。

成田とワシントンで,12時間、ラウンジなかったら、待てない。ルフトのラウンジの床で,寝ている人がいた。

疲れている時の、甘いもの美味しい。

ケーキとカプチーノ