明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

寝ないで,ローマ空港に

   ホテルの前

 ホテルの受付にいる,女性は、ガブリエルとい名前で、この経営者だった。大柄で、イタリア女性によく見る、オオデブ,の女性です。

 朝食の支度は、簡単でパンなどならべるだけのもので、唯一調理らしいものは、ゆで卵。べたべたの甘いお菓子の種類だけは多い。

 甘い物ばかりの中で,私が食べられたのは,トーストとゆで卵だった。

 泊まり客の人数分だけの個数なので、遅いとなかったり、早すぎると、まだ出てない。

 帰る日の前日、部屋に、目覚まし時計も、電話もないので、彼女に聞くと、起こしてくれるという。

 6時に,と頼んだ。

ホテルの前を走っているトラム

 何時の飛行機か、と聞くから,11時だと答えると、2時間前に行けばよいので、ここを8時に出れば充分。7時で良いという。

 いえ、私は、いつも準備に2時間かかるので、6時に。

と頼んだけれど、彼女は、早起きしないといけないのが可愛そうにもなった。

 それに、他の人に迷惑がかからないように、小声でしか起こしてくれなかったら、

 私の耳が遠いので、わからないのでは、という懸念もあった。

11時に帰り、ブログはやめておこうと思ったのだけど,目が冴えているので、少し書き、22時になって、ベッドに横になった。寝たのかどうか、わからない。時計は4時をさしていた。

 そのまま、ずっとベッドにいた。5時半に起き出し,準備にかかる。案の定、6時に,小さくノック、小声がかすかに

聞こえる程度で、ウェイクアップ。

 早く、行った方が良い。何があるか、わからないもの。

7時を待って,彼女が起きてくる時間なので、支払いをした。

 ファルネジーナ荘の庭

 

 JCBは、取り扱う,と書いていたのに、使えなかった。やはり。使えない所が多いもの。何度か、トライして,今度は、布にくるんで,通していたが、だめだった。

 扱いがないのだ。

 「5日ですね。」と言われて、

 「最初の日に,間違えてて,来る事が出来なかったから。」と言うと、数えて,4日分のホテ代だった。

 でも わからない。インターネットからの予約では、キャンセルしたので、即クレジットの支払いがされるようになっている。

 あとは、支払いの請求書見たら、わかるけど、もし、4日分ですんだら、嬉しい。

イタリアは、何にでも、税金がかけられるようになって、ホテルも、4日分の税金だと行って、現金で8ユーロ別に払った。

 交通費も、ガイドブックでは、1ユーロとあるが、1,5ユーロのバス一回券。

 一日乗り放題は、6ユーロに上がっている。

 

  7時半に,ホテルを出た。駅で,空港行きのチケットを買って、時間を見ると、空港行きまで1分しかない。私の時計が15分遅れていた。

 ああ、よかった。早めに出て来て。スーツケースをかかえて、電車のプラットホームに階段を駆け下り、駆け上がり、火事場の馬鹿力を発揮した。上がると、電車はいない。

ミスったか、と思った。50分発が、5分遅ていたのだ。そばにいた、二人の若い女性達。一人は送りに来ていた。

 時計遅れてて、というと、壊れているのね、と。

買った,チケット、これはレジストしないといけない券では?と思い出した。

 鞄を見ててあげるから、と言われて、券を地下の機械に刺しに行く。機械がかちっと音がしないので、会社行きの?人に聞いたら、やってみてくれて、だめだから、向かいのに、と言われた。向かいの機械に通すとカタンと音がした。

 列車が来た。

 やれやれだ。空港まで行ける。

夜のトラステベーレ駅