明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

和歌山の「銀ペイ本店」はお勧め

   

    「銀平」本店

  和歌山は、何度か来ている。千里十里、という居酒屋が,お目当てだったのだけど、忘年会シーズンとあって、団体客で、満席だった。

 その店で、どこか他に、お勧めの店はないか、と聞くと、やはり、和歌山が本店の「銀平」の名前を。

つきだし、5種。

 大阪や神戸でも、チェーン店がある店なので、わざわざ、和歌山に来てまで、とも思うが、本店というのは、違うのでは?とも、値段が高いのではないか、と警戒しながらも、行くだけいってみた。

 有名な店だから、千里十里、よりも満席だろうと思ったけれど、意外に空いていた。

鯛の刺身

 

 カウンターが好みだけど、そこは予約で一杯で、通された部屋は、落ち着いて,良い感じ。

 お品書きを見ると、お酒はそんなに高くない。

 おまかせのコースも、5250円で、ボリウムがありそうで、とても食べられそうもないので、単品を選ぶことにした。

 突き出しが出て来て、それだけで、立派なので、お腹が持ちそうなくらい。

 銀ペイ、といえば、魚でしょう。造りと、煮魚は外せない。

魚いろいろ煮物

 以前に、友人が、南蛮付けの小魚が美味しいとのお勧めだったので、それはないのか、と聞くと、今日の魚の中から、フライにして、南蛮に出来るものを選ぶとのこと。

 さすが、大阪や銀座にまで、出店を持つ、本店の銀ペイだけあって、魚料理は、どれも美味しい。

 特に、鉄鍋で、水と醤油だけで煮込んだ、漁師の煮魚が、美味しくて、いくつもの魚が入っていて、これは値打ちあり。

かますの南蛮

 隣の席にやってきた、若い男の2人は、鯛飯コース5250円なりを注文。

 お造りのボリウムもあって、天ぷらも美味しそうだし、パフォーマンスは、すごく良いけど、とても食べられそうもない。若い人達に乾杯。

寒ブリのさしみ

 結構食べて、支払いは、頭で15000円くらいかな、と想像していたのに、なんと9800円。随分安いのには、びっくり。千里十里は、大衆的な店だけど、それでも10000以上にはなるので、こんなに美味しいものを、ゆたりした気分で賞味させてもらって、美味しいお酒もいただいて、千里十里が,満席で良かった,、ラッキーだった。

 これからは、和歌山に来れば、「銀平」がお目当てになりそう。

 和歌山に、今年の春に出来た、プルミエのドーミーインは、大人気。

 ドーミーインの人気の秘密は、天然の温泉がついていることに加えて、夜の9時半から、夜泣きソバなる、ラーメンが自由に振る舞われること。

 朝の朝食が素晴らしいのも、人気。

 1200円が通常の値段だけど、食事付きのコースもあって、30種類以上の食事の数々で、卵好きの人なら、卵を調理してもらえるのが魅力でしょうし、ワッフルも人気。

季節外れの、いちごも惜しみなく出ていて、コーヒー好きの私には、普段は食べないようにしている、ケーキまで。

天然温泉は、女子には、セキュリティーのナンバーがあって、それがないと入ることが出来ないので、安心の夜中も自由に。翌朝の10時までいつでも入浴可能。

 日曜日の朝、露天に,一杯のゆすが浮かんでいた。100個はあるかな。

 あとで知ったのだけど、ゆず風呂の日だった。

 若いお母さんが、小さな女の子を連れて、そのゆず風呂で長い間遊んでいた。私は先に、入っていたので、ゆず風呂も楽しめたけど、後で入って来た人達は、遠慮なのか、子供のいるのがうるさいからか、誰も入っていかないままに、10時になって。

 帰りは、湾岸の高速を使って。

 関空の近くを走ると、海外に行きたくなって、胸がつまる。ノスタルジーが心を締め付ける。

 中島の休憩所で、昼食を取った。海を見ながらの食事は、のんびりとして、贅沢。

 それもボリウム満点の食事で、トラックの長距離運ちゃんの胃袋にも満足させるほどの量だった。

 

 食事の不味いかもしれない場合、揚げ物なら、それほど変わらないので、無難だ。添え物のサラダも悪くないし、

 牡蠣フライは美味しかったけれど、衣がしっかりかぶっていて、半分取って食べたのに、夜もお腹が空かなかった。