明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

未来党が早分裂

 結党、一ヶ月で早、未来の党が分裂。そ発端となったのは、阿部知子さんを、共同代表として、嘉田知事が、決めたことだ。

 小沢系の議員達が、代表に阿部さんを記名することに反発、衆院参院とも、森さんを記名したことで、未来の党の分裂が決定的になった。

 小沢さんをと共に、離党した議員達は、阿部知子さんを、党の代表としては認められない。小沢さんについて、小沢さんを慕って、小沢さんの決めたことに従った人達なのだが、 ここで、阿部知子さんについていけ、と言われても、納得がいかなかった。阿部さんは、民社党を離脱した人で、党首と言われても、ついていけない。

意中の小沢さんは、雲隠れで、なしのつぶてだ、と嘉田知事は不満だ。

小沢さんとの約束で、小沢さんは使わないことを決めたので、出て来て、議員達を説得する責任があると。

 小沢さんの、見込み違いで、小沢さんについて来た,,多くの議員達が、落選した。

その責任は、小沢さんが、未来の党に結集させたことにある。

 コメンテーター達は、未来の党、という比例で当選した議員達ばかりだから、この際、議員を辞職すべきだ、と言う。

 私も、未来の党の嘉田知事には、期待し、新しい風を起こそうと、思った一人だったがが、選挙までの、党の代表の討論会や、テレビに出演し、発言しているのを観ているうちに、この人は、「琵琶湖の水を守る為に、党を立ち上げ、その為に、原発を卒業させる」ことをスローガンとしている、としか訴えが出来なかった。」という印象しか残っていない。

 話し方がへたで、ゆっくりなので、他の人達に押され、存在感がきわめて薄かった。

 国民の暮らしが、どうあろうとも、未来に原発を残さない、日本の自然を大切にした、暮らしを目指すというもので、切羽詰まった人達に聞く耳を与えなかった。

 子供手当26000円に関しては、かつて民主党が約束違反で出来なかったことを持ち出して、これもインパクトがなかった。

 私にように、隈無く嘉田さんの発言の場をチェックしている暇人なのいないのだから、嘉田さんが、「何故小沢さんなんかと一緒に組んだのか?」と言われて、それが未来の党に票が入らなかった」と思っているが、その反対で、小沢さんを支持する人達の票で、

なんとか、330万票を得たと、私は思う。

小沢さんが、前面に出て、党の他の人達と、意見を戦わしていれば、事態はもう少し、変わっていた。

小沢フアンは、メディアが報じるよりも、遙かに多い。小沢さんがかかえた,議員達を、一人でも多く当選させたいと考えた小沢さんが、自分のイメージが悪いからと、ほぼ同じ理念を持った,嘉田知事を撰んだのだが、小沢さん自身が、自分は引いて,元、生活の

議員から,共同代表が任命されると思っていたのに、元社民の阿部さん、というので、

これでは全くついていけない、ということになったのだろう。

 阿部さんは、「成田離婚」だと笑っている。未来の党は、今後、女性を前面に出して、

緑の党、との合流をはかることで、政党助成金をもらえるように、政党の形を整えるだろう。

 決戦で、海沼さんを入れた、7人の小沢系議員達は、今後、再び、民主党に復党することになるのではないだろうか。以前の、自民党で、郵政民営化に反対して離党した銀達のように。

雨降って地固まるで、元さやに収まって、もう一度、民主党の原点に立ち返り、改革政党として、自民党に変わる,、民主党を立て直してほしい。