明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

未来の党分裂の真相は?

 

   

 未来の党が、早1ヶ月で分裂。メディアは、小沢さん個人に非難を集中させている。 嘉田知事は、水と油の関係であることは、わかっていたが、それがぶつかりあって,ダイナミズムを生むのもおもしろいと思った、と言う。

  嘉田代表は、この指止まれで、誰とでも一緒に、と声を上げた時点で、陰では、小沢さんとの合流は出来ていた。

 知らなかったのは、生活の議員達で、来年の4月頃に選挙があると,小沢さんは予測していたのが、年末になり、選挙前1週間で、声をあげた「未来の党」に生活が合流することで、選挙の風を吹かせようとしたが、惨敗で多くの議員を落選させてしまった。

 嘉田知事は、阿部さんを党の代表に任命し、自分の党だから、自分が決めたことに、従って欲しいと思うが、小沢派の議員達は、多数決で決めるべきだと主張、小沢さんを共同代表にして欲しいと頼んだ。

 どちらも譲らないのだから、まさに水と油の関係で、別れるしか方法がない。

未来の党に、票を投じた人達への背信行為、選挙詐欺だ、と非難する人達は、果たして、未来の党に入れたのだろうか。否、と思う。

 政策が、ほぼ同じだから、と合流し、未来の党マニフェストは、民主党が最初にかかげたものと同じであったのに、嘉田さんに従えなかった,小沢派の議員達。

 小沢さんをリーダーとして結集した人達だから、阿部さんを党首にするには、アレルギーが強すぎた。 

 

 小沢系の議員達は、元々民主党の議員達で、多数決で決めるが、民主主義の原点であると考えている人達、党を出たのも、執行部の強制的なやりかたに反発し、十分な議論もせずに、消費税をあげたことは認められず、国民との契約であるマニフェストを忠実に守ろうとしたからだ。

 そういう人達だから、嘉田知事のリーダーシップで、強行に、言うことを聞け、と言われても、応じることは出来ず、小沢さんを推した。

 小沢さんは,,嘉田さんとの約束もあり、固辞したのが,真相で、それなら,副代表である、森さんに多数決で決めたのだ。

 森さんは,事実が報道されていないことへの憤懣をもらしている。

小沢さんは、一兵卒として働くつもりでいても、小沢さんを支持する人達は、隠れ身を許さない。

  小沢さんが、前面に立って、豪腕と言われてることの、本性を発揮してほしい

 そうでないと、本当に、支持者を失う結果になるだろう。

 民主党から、自民党に変わって、国民の生活、特に、低所得の人達には、益々苦しい生活が強いられるようになる。

 インフレで、ものの値段はこれから、どんどん上がっていく。

 預貯金を持っている人達は、金利も上がるから、喜ばしいかもしれないが、貯蓄のない,生活保護受けている人達、年金暮らしの人達には、 死活問題だ。

 そういうことも知らずに、自民党が変わったと思わない方が良い。

 生活保護費は、削られる。高校無償で、退学しないで卒業出来る生徒が増えたが、これも所得制限がかけられるようになる。

 本当に困っている人達に、光の当たらない政策を推し進めるのが、自民党、「人は自らを助けるもものを助ける」なのだから、民主党の「共助」という考え方は、 棄てられることになる。 

 それで良いのですか。マスコミはこぞって、自民党政権を持ち上げていますが。