明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

いろのない多崎つくる

  

   

 日曜日、出かけるはずであった、約束が、キャンセルとのメールが入っていた。

前日に買った、村上春樹の本がある。

本と読むには、おあつらえの一日だ、と思った。

良いお天気だから、出かけるのも悪くないのだが、こんな日があってよい。

朝ご飯を食べ終わると、庭に出て、フリージャの回りにまとわりついている野草をむしったり。

なんとなくいいつもの癖で、テレビの映画チャンネルに回すと、へっプバーンの「昼下がりの情事」が始まったばかり。

オードリーが嫌いな人は、いないだろう。お相手の、ゲイリークーパーも、日本で人気が出たスターで、舞台はパリの、リッツホテル。

ハッピーエンドで終わる、ハリウッド独特の幸せ物語なので、現実とは、かけ離れている夢物語だけど、なんとなく、心が温かくなって、ハッピーな気分になる。

昼食のカレーは、友人のブログを見て、食べたくなって作ったもの。

一人暮らしの人間が、カレーを作ると、毎日食べないといけないことになる。

でも、料理をしなくて良いから便利だし、毎日でも、カレーなら、食べられる。

http://www.asahi.com/culture/update/0412/TKY201304110511.html

午後、歯磨きをしながら、テレビをつけると、ヤシキ、タカジンが、「そこまで言って、委員会」に出ていた。そうだ、復帰すると言ってたっけ。

以前の、ギラギラした熱気は全くなくて、健康そうな顔色はしているものの、すっかり毒気を抜き取られた感じがする。

病魔は人間の心も体も変えてしまう。

3時ごろから、読み始めた、村上春樹の小説、引き込まれるように、最期まで、読み通した。

途中、夕食に、残っていたカレーを食べ終える、中断があったとしても。

タカジンが、すっかり変わっていたのと、同じような事が、登場人物達にも見られる。

村上春樹の、新作は、待ち焦がれて、3年ぶりに出版の運びとなって、売り出し時間のカウントダウンまで、ワクワクしながら、買うのをまちわびている人達が、ニュースに流れていた。

この現象、新作のマイクロソフトとか、アップルの製品なでで、良く見られる,光景と同じ現象だ。さらに言えば、デパ地下に、長い行列をつくって、なんたらいうチーズケーキをゲットしたり、2時間待って、たった一杯のラーメンにありついたり、と変わらない。

そういえば、道頓堀に、どこからともなく、集まって来る若者達がなにをするでもなく、一緒に、そこにいるというだけで取り残されることの恐怖を免れていた。

村上春樹の小説の何処が良いかと、問われた、人達の中で、「共感を覚える」「自分を肯定してもらえる」という答えに、私は惹かれた。

読み終わって、心の高揚もなければ、何かが残った、という印象もないし、それが希望につながるかと言えば、そうでもないけれど、「三年もかけて、じっくり書き上げた小説」は

8時間という、凝縮した時間で、私の心と体に染みこんでいく、という貴重で至福の時があった。

最近、今風にして、一気に本を読むという時間をもたなくなっていた。以前に、「活字が好きだね。」と言われた・。それは自分でも気づかなかったことだったが、そういわれて、

思えば、確かにそう。

子供が小さい頃、「束縛された生活の中で、限られた自由の選択があった。」これは、村上春樹の、小説のテーマ、にもなっている感覚だ。

私は、その頃、子供を遊ばしながら、「新聞を2時間かけて読んでいた。」読むことが好きで、それが限られた自由の選択というものであった。

本屋をやってみたくなったのも、読むことが好きだったからだろう。

近所の本屋が、売りに出された。母親が働き、娘は本を読んでいた。娘が結婚することになって、母親付きで、東京に行くという。

店のやりかたをしばらく教えて、もらって、私が本屋の店主になった。

私の目が悪くなったのは、暗い中で、本ばかり読んでいたから。家に持ち帰り、夜中まで読んでいたから。

目が悪く、疲れるので、最近は、本を読まなくなった。今は、読んでいると、かすんで、昨夜も、最期には、字がはっきりと見えない状態の中で読み終えた。

投げ出していた、自由。放棄していた、喜びを久々に味わった。

 その代償として、肩がコチコチに凝って、腕で顔を支えて、首を保護していたために、くるぶしを痛めたようで、手首が痛む。

本を読む根気をなくしたのは、首が悪いという理由もあった。首に負担がかかるから。

 久しぶりに、味わった、達成感と、心身の栄養。