明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

オステリア ディデンドラ

  

 扇町から、南森町、西天満あたりに、イタリアンレストランの激戦区になっている。

中之島から、法務局のあるあたりは、弁護士村なので、口に煩い客を満足させる店が

多いのだとか。その中で、イタリアンは、金額的にフレンチほど高くないし、気取らない普段着のレストランだから、というわけなのか、イタリアンの店で、食べログの点数が良い店が多い。

 友人はイタリアン好きで、一週間前にも、梅田のヒルトンプラザにある、店でアルコールを飲み放題でイタリアンのコースを食べたばかりなのに、以前から行きたいと思っていたとか、扇町のイタリアンに。

 イタリアン人のストラカン氏お勧めの、オステリア、ディデンドラ、というレストラン。

 私が予約を入れる、一休なんかは嫌いなのだそうで、一品料理の注文で、好きなものをアラカルトで食べるのが好きなのはわかるけど、割高になるわよ、と思っていたのだけれど、そうでもなかった。

 レストランは、私たちの為にあるように、一組だけ。時間がまだ6時前だったからでもあるのだけど、後で一組、これでは赤字ではないかと心配。

 美味しくて良いなあ、と思っている店が、やめてなくなるというケースがいくつかあって、経営は難しい。

 ディデンドラは、パンが別売り、ピザがないので、お腹いっぱい食べたい人には向かない。

 どこでも、本当に美味しいものを出したい店は、量は多くないもので、もっと食べたいという所で抑えている。

 若い人達に人気のレストランは、たいてい、量の種類も盛り沢山でリーゾナブルな値段に設定されている。

 オードブルは、二人分注文して、私はサラダも欲しかったけれど、量を見てからということに。

 出て来たオードブルの盛り合わせは、とても上品で、ほんの少しづつの盛り合わせなので、サラダも取ろうと、メニューにあるものを注文したら、オードブルの盛り合わせに入っているものと同じだと言われた。

隣のカップルは、4000円のコースを注文しているようで、前菜に、そのサラダが出ている。

次に、ワタリガニのトマトソースを注文したのが、二つに分けて出て来た。

とても細いスパゲッティーに蟹味のトマトソース。とても美味しい。

これもすぐに食べてしまって、途中で、また、もう一品パスタを注文。

 ラザーニアにした。メインは、友人の好物である、子羊。その間に、ラザーニアを入れた。パンを注文というよりも、料理の方が良いわね、ということで。

ラザーニア

このラザーニアほど、美味しいラザーニアに出会ったことがないくらい、とても美味しい。

 なんともいえないくらい美味しくて、少ししかなくて。

メインの子羊も、二つに分けて出て来た。私は、子羊は少ししか食べられないので、

ほとんど友人に食べてもらった。油が回りについているのが、美味しいのだそうだけど、

あの独特の匂い。

 でも、臭みが少なくて、ここのは、上品な味で美味しかった。付け野菜が美味しいので、満足。

果物のムース

パンナコッタ

赤ワインを二人で一本飲んで、デザートとコーヒーも。デザートも口に甘みを感じる程度の上品な量。

店を出てから、私はまだ、お蕎麦くらい入るな、と思いながら帰って来た。

 このくらいで、また行きたいという思いにさせる。