明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

世界遺産の町、シントラ

 

      

  ホテルは快適だけど、泊まるだけだから勿体ない気もする。

白一色の部屋は、イタリア映画に出て来そうなインテリアで部屋の広さは30平米近い広い部屋に、白のキングベッド。

朝食を食べる時間がなくて、飛び出した。

途中にある、小さなカフェで、ケーキとコーヒーで朝食。朝バナナとチェリーを食べていたので、それくらいでも調度良い。

ホテルのコンチネンタルは6ユーロだから高くないのだけど、教えてもらったスーパーでいつも習慣になっているバナナを買った。ついでのチェリーも。

その時、スーパーで,二人の日本女性が,ワインをどれにしようかと話しあっていた。冷蔵庫があるらしくて、それならビールやワインが買える。

カフェの主人は,愛想の良いアジアン風の顔した人で、流ちょうなフランスを話すし、しかも美味いそうなパン屋さん。

フランス人かと聞いたら、ポルトガル人だった。

歩いて,カテドラルの所まで行き、そこから下に降りると、広い通りに出た。

 町の中心まで歩いてもそれほど遠くなかった。

このあたりは、土産によさそうな店がいくつかある。

帰りに寄ろうと思った。

 今は歩いて、ロシオまで行き、そこからシントラに行こうと思っているので、買えないから。

 賑やかな中心街に出ると、CDの店がある。そこで,コインブラの店から流れている歌手のCDをみつけたので、二階に上がっていくと、ものすごい数のCDをストックしている。

 ファドだけではなく、」シャンソンからクラシックやジャズ、ブルースなど,オール。

 超有名な歌い手の、ファドを勧められたけど、録音が悪いのもあるので、訊いてからでないと買えない。

 聞かせてもらったけど、実際に聞いた声の方がずっと良いような気がするのでやめた。

 シントラまでは、ロシオ駅から15分に一本くらいの割合で出ている。

所用時間は40分くらい。

 ガイドによると、駅からのバスが、見所を巡回しているから、それを買えば便利だ、と書いているが、私は20分くらいの道なら歩きたかった。

歩かないと,素通りしてしまうので、途中にある素敵なものを見失ってしまう。

 公園があり、その通りには、彫刻がいくつも。

町の中心の広場までの道に、「ムーアの泉」がある。

そこから先に進むと、お城のような建物があって、中を覗くと、おじさんが手招きにて入れてくれた。

中国人の団体が外から写真を撮っていた。おじさんが私を入れてくれた時に、女性は首を振っていた。

 公共に解放されていないようだった。

中庭に連れて来て、ここから写真を撮れば良い、というしぐさ。素敵な回廊だ。

さらに、階段を上がって、このあたりから、と階段から二階も素晴らしいよ、と親切丁寧に指定してくれた。

親切のお礼を言って,出て来た。そこからしばらく歩くと、広場に出た。観光バスがいくつも止まっている。

 シントラでの見物は、ポルトガル王家の離宮の王宮と、ムーアの遺跡、それに標高529メートルに建つペーナ宮殿で、チケットは王宮とペーナの共通券は安くなる。

 ペーナまでは歩いて1時間かかるというので,やめた。

 王宮だけで充分。素晴らしい。

 落ち着いて、とても素敵な内装と調度の数々。部屋からの眺めがまた素敵。

きらびやかさがなくて、それでいて、エレガントで,落ち着いた色使い。

壁のタイル絵が,どれも素晴らしい。

タイルをはめ込んで家を建てる人が居るけど、ポルトガルのタイルを注文しているのかしら。

 王宮を見るだけで、疲れてしまった。もうこれくいで良い。幾つも回るよりも、深い印象が残る。

 王宮を見てから、小さな町のメイン通りというのかしら。お城の周りにある、店をぐるりと回って、美味しそうな,サンドイッチの店があるので、入った。

 サンドとりも、サラダ付きのキッシュがあったので、それを注文。

サンドイッチを食べている人が多かった。大きなサンドイッチ。日本の倍はゆうにある。

 私は,キッシュをあまり食べない。卵が沢山入っているから。

 ハムとチーズのキッシュ、あっさりして、とても美味しい。これほどキッシュが美味しいとは。軽い感じで、いくらでも食べられそう。

 サラダ付きのキッシュに、大きいサイズのコーヒー。どちらも美味しい。これくらいで、夜8時半からファドに行って,食べれば、調度良さそうだ。

 腹ごなしに20分,駅までの散歩道。

シントラは、バイロンが、「この世のエデン」と讃えた素晴らしい景観だとか。

確かに美しい。何もかも美しい。

世界遺産に登録されている町なので、観光化は進んでいるだろうけれど、ヴィラと呼ばれるにふさわしい、心癒される小さな離宮のある田舎だ。