明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

貴婦人と一角獣

 

      

 暑くて、これが日本かとは思われない。どこかの亜熱帯にいるよう。

暑いから、お布団かけないで、クーラーのタイマー2時間で切れるように

設定しているのだけど、切れた頃、目が覚める。

昨夜はトイレに3回も行った。お腹だけが冷えているのか、腎臓か膀胱かもと考え出した。

そういえば、お盆で医者は休みに入る。

この一年、血液検査もしていないので、どこか悪いかもしれないと思いたつと、不思議なもので、医者に行かずにはおれなくなる。

医者に行かずに、そのまま放置しておくほうが良いと思っているのは、健康な時だけ。

 今朝は久しぶりに、朝食を抜いて、出かけた。

医者に、開口一番、気になっている所を訴えた。

 背中が痛い。足が痺れて、座っているのが辛い。なんとなく気持ち悪い。などなど。

長らく血液検査してませんね。朝食は?

医院に来るたびに、朝食を食べているので、この次に、と延期の延期だった。

サプリメントを飲んでいるというと、医者は、サプリをやめてからもう一度検査を、と言われて1年になる。

 そうとう錆びついているに違いないと思いながら、暴飲暴食を続けている。太って、膝や腰に負担がかかっているのがわかる。

大嫌いな注射のついでに、骨粗鬆も末梢神経など、医者は、私のいつもの訴えに応じた検査をしてくれたらしい。

 尿検査の結果、異常なしだというが、気になるのなら、と膀胱炎の薬を三日分だけ処方してくれた。月曜日には、結果が出るからと。

不思議なもので、医者に診てもらうと、たちまち安心する。

 昨日は、友人に頼んで、国際美術館で開催中の、中世美術館から来ている「貴婦人と一角獣」につきあってもらった。

  展示の仕方が壁にかけているので、神秘的な効果は得られないが、仕方ないだろう。

 外出中のタピスリーがなと、パリの美術館は、眼玉をなくしたようだろう。

10月まで、この美術館で開催した後、どこかの巡回するのかな。

 リーガロイヤルホテルまで無料のバスを使って、裏側の近道を通って、美術館に行く。

 混むと嫌だから昼食前に行ったら、すごく空いていた。まだ始まったばかりだし、この暑さ。この美術館は、結構不便な所に建ってるので、足が止まるのかも。

 お腹を空かして、リーガロイヤルで予約をしておいた、ダイニングのビュッフェに。

 予約はいらないほど空いていた。

 メインディッシュがつくと、2900円。ビュッフェだけなら2500円。

 それで十分だね、と言っていたけど、エビフライだの、ステーキだの、美味しそうだ。

 最初に、お野菜を食べると太らないのよね。がつがつサラダを食べて、もうお腹がいっぱいになってしまった。

 焼き飯にスパゲッティー、ピザにカレーにサンドイッチ、リゾットに、冷スープ。

がんばって、がんばって食べた。

 その後は、ケーキとアイスクリームとプリンにコーヒーをがぶ飲み。

90分の制限時間があるので、しゃべっていたらだめというので、最初はわきめもふらすに食べる。もうあかんわ、という頃になって、コーヒーとケーキ。

 株主の割引チケットを持っているので、20パーセントの割引なので、一人2000円。

 リーガロイヤルだから、味は落とせない。コーヒーやケーキは定番で美味しい。

 西宮ガーデンズに人気のビュッフェがある。食べ物の味は良かったが、コーヒーが不味かった。

 ホテルのラウンジに座ったら、コーヒーが1200円ほどするホテル。

すごく値打ちあるね。食後、子供たちの絵画教室の絵をみた。皆、本当に上手だ。

 子供の絵は、感じたままを素直に描くので、こんな風にとても大人は画けない。のびのびして、おおらかで、優しい眼差しや想像力の飛躍がある。

 ロビーの椅子も豪華。送迎のバスあり。涼しいし、最高だね。

その前夜は、新地の天ぷらが名物の店で、たらくふの食べ過ぎ。お盆は暇になるから、

せいぜい、粗食が楽しみ。