明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

主の中を紹介します。2

 

     網戸越しの庭。共有なのか、公共かわかない。

    

   外は雨。

  友人のブログをみて思い出した。、ペンキ塗り、私もやりました。息子も,メーンのアパートをリニューアルして売るときに、友達にも手伝ってもらって、アパート中のペンキの塗り替えしたのが最初。

 大工道具を買って、日曜大工も随分旨くて、器用にやってます。ニューヨークからオハイオまで、引っ越し屋に頼まずに、大きいトラックを借りて、自分で運転してオハイオまでやって来ました。

   キッチンの片側

 

 こちらでは、引っ越し屋に頼むと、何十万もかかるそうです。

メーンからボストン、ボストンからニューヨーク、ニューヨークでは3度の引っ越し。

 全て友人に手伝ってもらったりしながら。

 友人の引っ越しにも手伝いに何度か行っていました。

今回は、二人だけで、借りていたタウンハウスから近いこの家に,安みのたびに運んだようです。

そういうこと、自分達で工夫しながらやったことの思い出は、年を重ねる事に貴重になるのです。人かませでやったことは、記憶に残らないものです。

食品庫

大変だったなあ、汗を流した分だけ,喜びも大きいのです。そして、自分達の身体が思うように行かなくなった時には、甘くて香しい若さの記憶が老人を勇気づきえてくれるでしょう。

 静かに座って、時の過ぎゆく様を、傍観者のように眺めながら。

洗濯室から見たキッチン

この家の中を紹介します。

主は、もっか,仕事中で、私はこの家で一番大事にされている、猫のタマと同じサイクルでいるのですから、タマは同僚が出来たと勘違いしているようで、話相手になって,猫声で,答えるし、身体をすりつけて来ては離れて行く。

ご飯は欲しいと、「ご飯、ご飯」とか細い声で泣くのです。夜中起きてて、昼間は寝ているのですから、今の私と一緒。

猫は家につくと言うでしょ。私もこの家がアグレアーブルなので、いついています。

天井には、風車がついています。

 まきさんの娘さんは、今ロスのお父さんと暮らし初めました。

 ロスで、お父さんの彼女と、彼女の息子と4人で暮らしています。

 ロスには、娘さんのおじいちゃん夫婦と従兄弟達がいて、お父さんも、そのお母さんも、ロスに引っ越して,皆が揃って生活するようになりました。

   DJでコレクションのレコードl。すごい数。持ち回っているだけ?

アメリカは、結婚と離婚が切っても切れない関係になっていて、その子供達は、そういうことに慣れていて、皆仲良く交流があって、父親と母親という関係は生涯続くのです。

 昨今は、いつでも顔を見ながら、話が出来る便利なスマフォやパネルがありますから、

 いつも一緒にいるようで、寂しくない。コンピューターは、人間を奴隷化しているけれど、コミュニケーションにも役だっていて、家族の絆をつなぐ道具にもなっている。

 メーンLLbean

の本店で,母に買ってもらった,ぬいぐるみ。でっかいバッファロー

二階の廊下から,私の寝ている部屋

専用のバスルーム

昨日は、みみちゃんと言うのですが、彼女がスマフォのビデオで,彼女がいる家を様子を見せてくれました。専用のテレビもあって、兄弟のようなライアンという男の子もいて、カリフォルニアの陽気な気候でのびのびと生活している様子。

ピンク壁の子供室

 

  ちなみに昨夜は、やっとよく寝られるようになりました。

  夕食は,サラダとサーモンをオリーブたっぷりで焼いたもの。夜中の2時頃、寝静まった深夜、ベルギーの白ビールを一本飲んで、ぐっと寝入ったようで、起きたら朝の8時

 でした。でもまた眠たい。これが時差ぼけです。日本の夜中4時です。

主寝室、ここは広い。

をークインクロゼット

中に専用のバスルーム。

 ニューヨークのメトロポリタンで、いつもソファに座って居眠りしていた時間です。

猫のタマは、窓から外を眺めています。

 

吉田さんの絵画。真っ先に,2枚だけかけたよう。

暇ですることないので、こんな紹介をしました。ああ、眠いよ。猫のタマは相変わらず、そとを眺めています。