明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

デイトンの「ドロシー、レイン」マーケット

 

      

 

   デイトンに3軒のスーパーマーケットを持つ「ドロシー、レイン」は、素晴らしいスーパーマーケットです。

 日本にまだ、スーパーマーケットがなかった頃、このスーパーマーケットに研修に来て、ノウハウを勉強して、導入したという話を聞きました。

http://www.dorothylane.com/

 高級スーパーとして、東に紀伊國屋、関西では,イカリスーパーがありますが、ここのスーパーは、そのモデルになっていて、何度も、ここを訪れています。

 日本にも、やってきて、親しく交際が続いているとか。

 息子達も,当然このスーパーを知っていて,私が去年このデイトンに来た時に連れてきてもらったそうですが、3軒あるので、そのどれかだったようです。

 今回は、ドロシーレインの,オリジナルの店に行来ました。

 本当に素晴らしい。全米で最優秀マーケットに常連で撰ばれる所だとか。

 客層は豊かな人達が多くて、値段は安くないのですが、良質なものばかり仕入れて、

クッキングスクールもあり、総菜のコーナーたサラダバーを、上のカフェテリアで食べられるようになっています。

 店のあちらこちらで、宣伝販売をやっていて、客が味見しながら買い物が出来るようになっています。

これは日本のデパ地下や、イカリスーパーではお馴染みの光景ですが、そのモデルはこのマーケットだったのです。

 マッシュポテトにソースをかけたもの、チョコレート3種、スープなど、販売員の説明を聞きながら、味見が出来るのは、アメリカのスーパーで、見ることのない風景です。

品物の飾り方アットホームな雰囲気で美しい。

 店のオーナーはいなくて、話が出来なかったのですが、今お店の店長がとても親切な人で、明日になれば、別の店で息子さんが働いているから、と名刺に住所と名前を書いた紙を渡してくれて、おまけに、甘い物は好きか?と聞いて、店のお菓子を袋に入れてくれました。

去年、イカリがグループで来たとのこと。

 もう日がないので、他の店まで行けないけれど、ドロシー、レイン、という素敵なスーパーが、オハイオのデイトンにあることは、確認出来ました。

帰りに、ニューヨークにもあって、人気の「トレーダー、ジョー」というワールドマーケットに寄ると、なんと殺風景なこと。倉庫に入ったような感覚。随分な違いがあります。

 生魚を売っている,グローガー、という大きなマーケットにも、昨夜行ったのですが、 ドロシーレインとは全く違うおおざっぱなアメリカ的なマーケットです。