明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

海岸線を走ってサンルイ、オビスポへ

    

  カリフォルニア海岸の旅の終点は、サンルイ、オビスポに決めた。

最初計画していたのは、サンタバーバラまで行き、砂漠地帯を走ってサンフランシスコにもどるというものだったが、近場でのんびりしてしまって、サンルイオビスポまでがやっと。

カーメルからサンルイオビスポまでは、海岸線を走る,ダイナミックなコース。

 パシフィックコースト,ハイウェイPCHと呼ばれる,州道1号線,サンフランシスコからサンルイオビスポまでの、カーメルからのドライブコースを走る。

 海辺の景色は、17マイル道路で満喫しているので、ひたすら走ったら、2時間半ということだったけれど、途中でトイレ休憩したり、景色を見たり、昼食を取ったりするので、 延べ6時間以はかかった。

 道は狭く、ピンカーブがきつい所も多くて、運転に自信のある人しか走れないだろう。 人里離れた道を走るので、途中にモーテルとレストランをかねたものがあると,何か買うつもりで,トイレに。

 

 険しい道を登って、海が眼下に見える。雲がすぐそこにかかっている。途中で,ハイキングや,山歩きをしている人に出会ったり、自転車であえぎながらこの道を行く人にも時々出会う。

 ヘンリーミラーの家は、このあたりだった。岸壁に家が建っている。

 映画「イソシギ」で、リチャードバートン分する牧師が、崖の上から、エリザベス、テーラーが浜辺で絵を描いている風景を思い起こす。

 途中で、渋滞。崖崩れを修理している。大雨で崖が崩れたのか、青いビニールでカバーされている。

 こういう所は、インターネットが全く入らないので、ナビを頼っていたら困るけれど、道は一本道で、そこから別れる道は一つもない。それも困るだろう。

 こういう所で住んでいる人がいる。環境破壊され、天候がおかしくなっているので、

 いくら、高級別荘地と言っても、危険なのではないだろうか。

 カリフォルニアは、海辺のせいか、砂地が多い。山肌が見えて、白い土が流れているのが見える。

 途中で、ランチを食べる。野外にテーブルが幾つか置いていて、カウンターで注文する。番号が呼ばれるまで大分時間がかかった。番号を呼ばれた女性が、二人分以上もある牛肉のサンドイッチをかかえて、テーブルに座った。身体が大きくてごっつい感じ。



  フィッシュサンドを注文して、それもあのくらい大きいのかと思ったら、フィッシュサンドは小さくて、マクドナルドのフィッシュバーガーを大きくした程度。

 凄く美味しい。サンドイッチは、どこも外れがない。もっと食べたいくらいだった。

 車に乗って、また走る。息をの飲む。15マイルが制限のピンカーブが続く。

 やがて、広々とした平地になり、車のスピードも早くなった。

 モーテルとレストランがあり、沢山の車が停まっている。

 川の辺で、景色の良い場所だ。 すごく長い車がやってきた。あんな車で、あのカーブを走れるのかしら、と不思議に思われた。若い人達が出てきた。

 サンルイ、オビスポからやってきた車では?この先行くと引き返すかもしれない。

 オビスポまでの道は、葡萄畑が丘の上の傾斜地に続いている。丘の上の城らしいものが見える。

 サンシメオンという所にさしかかった時だった。今夜はこの辺りに宿を取っても良い感じだけど、私はオビスポに是非行って見たかった。

カリフォルニアを楽しむには、もう倍くらいの日程が必要だ。

 モロ,ロックに似た岩山のような,奇妙な大きな岩があった。オビスポまでいかないといけないので、それもパス。それは、オビスポの名称の一つで、先住民マッシュの聖なる岩だった。

 最初はゆっくり,宿を早く取らないと、と焦りだして、ネットで探す。

オビスポダウンタウンが望ましいが、安くて、評判の良い所も魅力なので、3つ星の、

レキシントンホテルに決めた。



 3つ星で、59ドル。帰りの高速道路101の側だというのも選択の理由だった。

 その辺りは、沢山ホテルが並んでいた。

 ホテルは、期待した以上の良いホテルだった。そこからダウンタウンまで、公共のトランスポーテーションを使って行こうと考え、フロントで聞くと、コインをくれた。

 トラムとバスが走っている。

 美味しいレストランを尋ねると、すぐ前の、アップルファーマー、というレストランが良いと。

 私は、料理の美味しい所を直感でわかる。アップルファーマーを覗いて、ここは絶対に美味しいと感じた。

 ホテルに予約を入れてもらって、町には見物だけに行こう。 しばらくトラムを待っていたが、来そうにないので、車にした。アルコールは飲めないけれど。

明日は、このまま、高速に乗って帰ることになるので、見物は今夜のうちに。

 サンルイ、オビスポ、と言う名の通り、この田舎町も、ミッショナリーが出来て、それを中心として,町が出来た。

  ミッション。サンルイス、オビスポ、デトロザは、1772年、スペイン宣教師、デトロザが、カリフォルニア5番目の伝道所。フランス、トウールーズのルイ司教の名を冠したもの。

 外からしか観られなかったけど、どこもそう変わらないだろう。

 町はオールドアメリカン的で、建物が美しく、この町は、ベストアメリカン建築に撰ばれている。

とても小さい町なので、くるっと回っても、20分かからないくらい。

 レストランらしい店が見当たらない。伝統的なピザハウスらしい店があって、そこのピザは、毎年、ベストピザに撰ばれている。

 ホテルから、歩いて来ても、それほど遠くなかった。2,30分で来られるだろう。

 アップルファームの予約は、8時にしてもらっていたけれど、早く帰って来たので、

レストランに行ってみた。

 すぐに席を用意しますから、と言われてしばらく待っている間に、美しく飾られた店内を観て回り、ワインは沢山飾ってあるので、値段を見たり。70ドルのワインが主流だ。中には100ドル以上のものも。

ステーション

 席に通され、アメリカンフードの店なので、初めてステーキを注文。

 プライムリブが食べたかった。週末だけのもので、ニューヨークステーキしかなかった。

 ワインは、アップルファームのワイナリーで作っている赤ワイン。29ドルだけど、すごく美味しい。

 スープはボウルと皿がある。大皿一杯のスープが来た。コーンスープ。甘くて美味しい。

隣に、老人のグループがいて、彼らは、スープだけの夕食だった。女性はボウル、男達は大皿のスープ。パンと一緒に。その前にサラダでも食べたのかもしれない。サラダバーがあって、13ドルだった。

 

 サラダとスープとニューヨークステーキに、赤ワイン。パーフェクトな食事。

アルグラのサラダ

 今夜もまた、お腹が破裂しそうな状態。3つ星のホテルだけど、初めてバスタブがなく、シャワーだけだった。バスタブがついていても、使わないので、シャワーがあれば充分。