読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

池田公民館「吉田堅冶展」

art

      

  吉田さんの展覧会場で友人と待ち合わせをしていた。

早く来て1時間くらい見ていたというので、受け付けに挨拶だけして、

昼食を食べに行った。

池田の商店街を歩いて、入口にある、鮨屋に。

 カウンターで、造りや出しまき、天ぷらなど、一品で注文。美味しい店だった。

商店街に、コーヒーの専門展があり、下に売っているコーヒーとドーナツを買って、

二階に上がった。ゆったりしたソファーが置いてあって、くつろげる空間になっている。

専門店のコーヒーだから、香りも味も良かった。

 友人と別れて、私は吉田さんの会場に。吉田さんのご家族と友人の方は毎日会場に来られている。

 大阪市立美術館が、中之島に現代美術を集めた美術館を創設する。

そのに、吉田さんの絵画が展示されれば、と願っている。

 吉田さんの作品は、何枚もののパネルを合わせた連作が多い。

 相当の広さの空間を持った場所がいる。

それを可能にするには、美術館はもっともふさわしい。大阪城公園に傍にある、ホテルニューオータニのロビーに展示されたら、外国からの訪問者や、ホテルを利用する人々は目を見張るに違いない。

 白の円形の巨大な空間に、常設の部屋が用意されたら、四季折々に吉田さんの絵画を展示され、絵画に興味のなかった人の目も楽しませるだろう。

 吉田さんの作品は、倉庫に眠っていてはいけない。

あるべき場所に、存在してこそ、吉田さんの絵画は生命の輝きを放つことが出来る。

 命から命へのメッセージが伝わっていく。

 

 阪急池田駅

 市役所に隣接する公民館の二階ギャラリーで、22日まで開催されています。