明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

いつまでもお元気で

 

     

  「いつ死んでもおかしくないのです。いつまでも生きていると迷惑ですから。」

その人は笑いながら言われた。

母と同じ年だと聞いて驚きを隠せない。

とても92歳には見えない。

 若々しく、聡明で、しっかりした話し方。

一人暮らしをしてこられて、最近グランダに入居された。

 3月の報告会で、隣にいた男の人が、ボランティアで彼女の

お世話をしていると聞いていたが、その男性は85歳だと聞いて

 それも驚いた。

 その女性は、東京の人だとすぐわかる、早口の標準語で話される。

  「85歳までお料理を教えていました。」

 食育の見本のような人だな、と思う。

  「息子が62歳で亡くなりまして、ずっと一人暮らしでしたから、

  もうそろそろお迎えが来ても良いのです。

いつまでも生きていお恥ずかしい次第です。」と終始控えめな笑顔でおっしゃる。

 NKHの朝ドラの主人公、村岡花子は、彼女の女学校の先輩にあたる。

 良く学校に来られたのだとか。その娘さんを彼女は良く知っている。

「ドラマですから、フィクションですから。」とおっしゃる。

「息子さんを亡くされるのは、お辛いですね。」というと

「誰でも死ぬんです。まぬがれる人はいませんから。それが自然なことですから。」

 クリスチャンは、神に召される、という考えが備わっている。

「最初の主人は、戦争で亡くなりましたし、死ぬのは、いつか必ず来ますから。」

たんたんと語られる。気丈な方だ。

 クリスチャンであることで、「救われる」のだ。

 この世の中で、最大の不幸は、子供に先立たれることだ、と言われる。

その悲しみは癒えることはない、と。

 友人も、最愛の息子を若くして亡くしている。普通に笑って、生活できるようには

なってるけれど、忘れることは出来ないし、心から楽しむことも出来ないのではないかと思う。

 信仰を持つことの強さを、この女性に見たように思うが、悠久の時を流れる大河に

辿りつこうとしている今だから、おおらかな言葉が出てくるのかもしれない。

確かに、人間は生きていることのほうが不確実で、死は確約されている。

けれど、私は、彼女のように、信仰を持たないので、母には永遠に生きていて

欲しい。死は、私の外にあって、想像することすらできない。

その人にも、ずっとずっと元気で生きていて欲しい。

「いいえ、いつまでもお元気ですよ。長生きされますよ。」

私は、祈りをこめて言う以外の言葉をしらない。