明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

歯の矯正、テンプレート

       

  二年以上、いや、それ以上、片側の歯だけで噛んでいた。

インプラントの手術後、傷みはないのに、片側の頬骨のあたりが

腫れているように思われて、医者に言うと、インプラントの腫れは

ないと言われた。

自分の顔をまじまじと見ることはないので、元からこうなのだと納得していたが、

五木寛之のエッセーの中に、歯の話が出ていて、片側だけで噛んでいると骨格に

変化をもたらすので、両側の歯を使って噛むようにしているとか。

私の顔の頬骨のあたりのでっぱりは、片側だけで噛んでいたことによるものではないか

と思われて、昨日、歯科の予約日だったので、医者に聞いてみた。

医者は「そうですよ。テンプレートをこれからするので、矯正されるでしょう。」と

 歯の矯正で、随分表情が変わる。小顔の矯正とかの施術もあるくらいだから、片側だけで噛んでいると、顔の形が変わるのもうなずける。

 テンプレートは、マウスよりも幅のあるプラスティック成型を一日14時間くらいはつけておかねばならないらしい。

 それをすれば、脊椎の矯正、頭痛の解消、腰痛、いびきやドライアイなど軽減するというのだけど、医者は「それほど期待しないでください。」と釘をさすことわすれない。

「人によりますし、他に原因があることも」

そりゃそうだ。

 でも、患者は期待する。

お金もかかる。身体的な我慢も続く。期待しないとできない。

それにしても、五木寛之は、健康維持のために様々な工夫を日常生活に取り入れている。

歯を磨く間、片足立ちを1分30秒づつ交互に。かかしのような姿勢。

やってみたら、片方の足は、10秒と我慢していらない。もう一方は30秒は保っていられる。

 ふらついてバランスが取れない。手を壁についてなんとか。一分30秒は長すぎる。動脈硬化が起こって、どこかの血管が詰まっているかも。