明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

中村平成座のニューヨーク公演とタイムズスクエアー

  

    

  朝は残りのパンとバナナ、ヨーグルトなのですませた。と言っても午後の1時。それからごそ,ブログを書いて,気づけば、4時、お腹が空いてご飯を温め、」のりと梅干しと味噌汁、残り物の整理。

 今夜は寝ないで空港に行くつもりなので、タイムススクウェアーに。

地下鉄の中で、歌舞伎のメーるを開いたら、生村座のニューヨーク公演の幕が開いたと書いている。

チケットが買えたら、見たい、と思って、急遽、地下鉄を乗り変えて、リンカーンセンターの方に行く1,2,線に、Eから,歩いてブロードウェイまで行き、

乗ると、77ストリートまで停まらない。

 66ストリートのリンカーンセンターまで歩いて,チケット売り場で、ソールドアウト、売り切れだろ言われた。

立ち見はないの? ないという。

キャンセル待ちするしかないと。

劇場は60ストリートにある、ローズ劇場。

 リンカーンセンターの広場で、歌舞伎公演にちなんで、出店が6軒ほど出ている。江戸の粋なおじさん達。

 30日から来ているそうで、15日まで,店を開いている。

 歌舞伎でお馴染みの隈取りの手ぬぐいや、扇子、古い人形とかを売っている。

 随分な盛況ぶりだそうで、チケットが連日売り切れ状態だそう。

ローズ劇場はジャズが専門のホールで、5階にある。

チケットはなく、誰か売ってくれないかな、と思ってきょろきょろ。

あ、買っているひとがいる、とそばにより、買った女性に聞いて見たら、一枚だけ余っているのを買ったらしい。

彼女波昨夜も観たそうで、素晴らしく良かったので、今日も来たのだそうで、キャンセル待ちをしていたら、他の人が買わないので、

買ったそう。

私は日本では観ているというと、「じゃ、よろしいじゃありませんか。私はニューヨークの住んでいるので、なかなか観られないのです。

日本に帰れば,必ず行きますけど。

ラッキーだなあと思いながら,キャンセルの列に並び、誰か売ってくれないかときょろきょろ。

芝居は始まり、20分を過ぎた頃、

「ソーリー。今夜は一枚も、キャンセルなしです。」

待っていた人達は解散。

売り場の前にあるポスターを写していると、5階にあがればもっと写真があるわよ、と言ってくれたひとがいて、5階にあがる。

勘三郎の写真があるので、それをう写す。

そこはラウンジになっていて、そこからのニューヨークの眺めは素晴らしい。

ビデオで上演中のが映っている。しばらく、それを見せてもrらった。

一幕目が終わり、一杯の人がラウンジのロビーに出てくるので、私は下に降りた。首が痛いし、声が聞こえない。芝居の舞台装置とか、

観られたので良かった。

それから、タイムズスクエアーに行った。

ネオンが鮮やかで活気に満ちている。ぬいぐるみを着た人、映画の紛争をした人達が多い。以前はそれほどでもなかった。

ハリウッドみたい。

ぶらぶらして,写真を撮っていると手招きされた。

一緒に写真を撮ろうと、ぬいぶるみと、ミッキーマウス

これも遊びかと,応じた。片方が写真をとってくれる。

その後で、お金を用要求されたので、1ドルだしたら、二人だから、5ドルだという。

お金ほしさにやっているのだということ。

彼らは働いて,稼いでいるのだ。

でも良かった。平成中村座の雰囲気だけでも分けてもらえたし、ニューヨークでは,今でしょ、ここでしょ、のタイムズスクエアーにも観られたし。

あとはアパートの掃除をして、最後の残り物を食べて、夜中に空港に行こう。