明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

赤穂グランリゾート

      

 

 泳ぎたいと言う人のお伴で、赤穂に。

毎年、日本海で泳いでいたけれど、この所の大雨と夏も終わりなので、

日本海の海は荒れているだろう。

裏が海なので、海水浴にはうってつけのホテルだけど、温泉はない。

ジャンボクラブが、グランリゾートという名称に変わって、初めて訪れた。

母と一度このホテルに来たことを思いだした。

あれは冬の頃だった。

佐越という駅で降りて、ホテルに迎えの車を依頼するため、公衆電話からホテルに電話したら、車が来るまで、30分以上も寒い中を待っていたことを思い出した。

父がなくなって、ずっと長い間、名義を変えていなかった頃に、母と利用したホテル。

母がメインに変更してからは、あまり利用していない。

有馬には良く行った。母といると、

「いいですね。お母さんと来られて。私の母はもういないのです。連れて来てあげたかった。」

とよく言われたものでした。

その頃、当たり前のように思っていたことが、今、母が行けなくなって心に響く。

母が行けないと、私一人で利用する気がしなくて、母が行けなくなって以来、初めて。

 内部は綺麗に改装されて、お料理もいぜんよりもずっと美味しくなっていました。

有馬のホテルは、料理自慢の料理人が二つの施設共に揃っていたのですが、この赤穂も、

料理が好評だとか。料理長が、店長に伴われて、感想を伺いながら挨拶に回るのも、有馬と同じ。随分変わって、洗練されていました。

また来れば良い、と思っても、なかなか次の機会はないものです。

有馬や京都などは近いのに、それでもなかなか来れないものです。

母が一緒に,これなくなると、なおさら、母が可愛そうに思えて、母との思いでが多いのだけが、慰めになって、母が元気な頃に、連れて来てあげて良かった、ということだけが、せめてもの救いのように思えるのですが、そういう思いでが多いことが、悲しみも伴っているのです。

こういう会員制のホテルは、家族が増えて、孫たちが出来た夫婦が、子供達家族を連れて利用するにはとても重宝しているようです。

利用料が安いので、家族を連れて来るのに、家計が助かるし、気兼ねなく利用出来るホテルなので、

独身者にも、便利なのです。一人の利用者も時々見かけるのですが、寂しそう。本人はそうではなくて、ワインなどを一本取って、美味しい料理を楽しんでいるのでしょうが。

仕事の疲れを休める独身女性というところでしょう。

一人でも、同料金で、一部屋悠遊に仕えるのが良い所。お正月は、どの宿も普段の何倍もの料金になるけれど、このホテルは、ほとんど変わらず、正月の料理代が加算される程度なので、お正月の予約は、殺到するようです。