明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

jyosei

 タバコの煙が受け付けなくて、飲み会に足が遠のいてそろそろ一年になる。

元気でいるかと、友人の一人に電話した。

仕事に出たのかと思っていたら、電話がかかってきて、迷惑電話が多いので、固定電話は応対しないようにしてるらしい。

携帯電話を主流に使っている。

最近は、仕事の量が減って、ほとんど家にいるので、退屈を持て余しているという。

 手持ちぶたさな男達とはうらはらに、女達は忙しい。

若い頃よりも、ずっと忙しい女性が多い。

亭主元気で留守が良い、と言っていた頃が、女達の天国ではなかったかとも思える。

 一日中、鬱陶しい顔を見ながら、三度の飯を待つ男達の世話をし、結婚した娘達は

孫を親に預けて、自由を楽しんでいる、なんて、人結構多いのじゃないですか?

 電車の中でも、映画館や、モールでも、小さな子供に振り回されて、マゴマゴしている

姿をよくみかける。

 私のように、寂しいはずの一人身でも、老いて行く母親がいると、いつも時間に追われるような生活で、忙しくてたまらない。

 何もしないのに、時間は隼の如く駆け抜ける。

 男達がどうして、暇を持て余すのか理解に苦しむ。

よりたいことは山ほどある。出来ることが限られて、牛歩の如く、の私には

どう考えても、暇ということは想像さえ出来ない。

 それとも、私がどんくさくて、牛歩でしかなにもできないのかなあ。