明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

シビックセンターの「バート」駅

 

 今、私はと言えば、フットマスサージの機械に座っている。

場所大井町のビジネスホテル。

 狭いが結構快適だ。

羽田に着いたのは,夜の11時。

宅急便にスーツケースを預けた。。

ダイナースのカードで羽田から無料で宅配便を利用できる。

 初めての利用させてもらった。

JCBやマスターズ、セゾンのゴールドなども使えるカードがある。

たいていは、帰りだけのよう。

 グッドホテルは、広い部屋がもらえ,一番奥の静かな部屋だったので、快適だった。

泊まっている客も,若い人達が多くて,団体旅行をしている人達が、ロビーでミーティングしていた。帰る朝、ロビーでコーヒーをサービスしているので、入れたら、無かった。

 帰りは市バスにしようと思っていた。

受付の人に停留所を聞くと、バートの方が良いと言われた。バートなら、ゆっくりできる。ショッピングに時間を忘れてしまって。

 

 ホテルにもどって、スーツケースに買ったものを入れ、あわてて駅に。

バート駅はすぐ近くにあるのだけど、エスカレーターがなくて、長い階段重くなったスーツケースをさげて、リュックで、

降りなければならなかった。

 10ドル紙幣がなくて、クレジットを入れて買おうとしたら、クレジットカードが入らない。あわてた。読んでると遅れる。

 隣のマシーンにいる人に頼んで,使い方を教えてもらった。その人は急いでいる様子なので、急いわいわい言うのだけ,私がもたつく。、本当に気の毒。

 マシーンは、3ドルまでのおつりしか対応していないと書いている。

 デパートで化粧品を買うのに、お金をみんな使ってしまって、シティーバンクを探して歩き回り、また時間が過ぎる。、

100ドル下ろしたので、20ドル紙幣しかなかった。

 いつも、チップとか交通費にために、1ドル、5ドル 10ドルとカかさないように気をつけて使っていたのに、帰るからと思って、あらいざらいで払ってしまったのがいけなかった。

 クレジットで払うと、円安でクレジットでは120円換算が頭にある。最初はクレジットで何もかも払っていたのだけど、シティーに預けているドルから出した方が良いと思い初めてから、小さい買い物は現金払いにしていた。

 クレジットカードは機械にはいらないはずで、スキャンするようになっていた。

 機械に20ドルとか、40ドルとかを撰んで、それから、切符(代)まで、紙幣を引き、

次にコインの所を押して、調度の料金を自分で作らないといけない。

 8ドル60セントになるまで,教えてもらって、やれやれ。心臓がぱくぱく。

 空港で,切符を入れたら出られない。係の人に聞くと,機械に通してみて、、5セント足りないと言われた。どうするの?とまた聞く。係の人はついてきて、ここに5セント入れなさい。

 5センは持っていた。

 飛行機の中は、3席一人で使える人が多く、空いていた。私はどこを入れても二人になるので、後ろの2席の所のアイル席にした。トイレのそばだだったが、一席奥まっているので、気にならない。隣の人は、3席を確保しようと、大きな鞄をアイル席に置いている。

 イスしたにいれないといけないスーツケース。中の席に座って。向こう側にも何か置いている。飛行機が動き始める頃になって、下に置き、寝る準備。

 私は 飛行機の中で、寝られず、ずっと映画を観ていた。

大井町と、大手町と思い込んで予約していて、ホテルは品川から横浜の方に、一駅の場所だった。

  京急とJRに乗り変えて、初めての場所だった。

 深夜、12過ぎに駅につくと、24時間営業の食べ物屋さんがいくつかあり、コンビニもあるので、夜中でも賑やかだ。そばの「冨士屋」もある。ファミマで、酎ハイと水を買った。

 私はビジネスの安い部屋に予約していたのに、レディースへアップグレードしてもらっていた。チェックアウトも、10時が12時になる。

 部屋に入り、サラダを食べていない事をおもいだし、階下にあるセブンイレブンで、ワインとサラダとヨーグルトを買った。

部屋でチーズとパン、サラダとワイン、酎ハイも残してはいけないと,全部飲んで、足裏マッサージ。