明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

食欲は魔性の力がある

 

明日、息子達が帰って来るので、お掃除などをしておかないと。

土曜日は一日中家の中にいたのだが、年賀状をやりだすと、結構時間がかかってしまって、掃除の方は日曜日になった。

 朝のうちに掃除機をかけて、梅田に出かけた。

東京での、私のブログを見て、寿司がたべたくなった友人と、久しぶりに茶屋町の「がんこ」に。

 私は伊根のカニ宿で、間人かに?を満喫してきたという、別の友人からの話を聞いて以来、蟹が食べたくて仕方がない。

 先日も、神戸の西村屋で友人とランチを食べた折にも、蟹がおいしそうだなあ、と思っていた。

 息子が帰ってきたら、城崎の「西村屋」に行って、とも考えていたのだが、「かにはどうでも良いよ。」というので、有馬グランドを予約している。

 ふぐは、この前の日曜日に道頓堀で友人と、コースで食べたので、今の所さほど欲しくない。

 「がんこ」に入って、最初のあてに、蟹を注文した。出て来た蟹はゆで過ぎで、ぎすぎすして全然美味しくない。

 神戸の西村屋の民芸茶屋で時々食べる、蟹チラシに入っている蟹とは大違い。

なにも店で食べなくても、イカリで買って来て、家で食べればよいものを、なぜか、店にこだわっている。

それに、一人で蟹を食べる気がしない。

蟹というのは、誰かと一緒に食べるもの。

がんこというと、大衆的で安価なイメージがあるけれど、値段が上がって、築地のすしざんまいのように、気前のよい値段ではない。

東京はみえっぱりで、気風の良さを優先するから、客を喜ばせる値段を心得ているのだろう。

明日も寿司屋に行くことになっている。

息子は、飛行機で伊丹に着くと、回転すしを食べると宣言している。

それを食べるのが、日本に帰る目的にもなっているらしい。

美味しかった、とまきさんから聞いたので、いてもたってもいられないのだ。

 まきさんが帰る前の日に家に泊まったので、伊丹に送る前に、西宮ガーデンズにある、回転すしの店に行ったから。

食べ物って、魔性の力がある。誘惑的なのだ。

 食欲を抑えることが最も難しいかもしれない。

なんでも良いのではなくて、友人から、パートナーから、身近な人の歓びを追体験したいという欲望は、抑えきれないものがある。

その逆も言える。

美味しいものを食べると、大切な人にも、味あわせてあげたい、という欲望が働く。

こちらの方は、食べたいという欲望ほど強いものではないけれど。