明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

「日浅和美絵画展」時の軌跡

 

       

絵画展の案内状をいただきました。

 

  吉田堅二さんと親交の深かった方で、長年パリ郊外のアトリエで、作家活動を

  ご主人と一緒に続けていらっしゃいます。

  ご主人と交代で、二年に一度、日本で新しい作品を発表されています。

  去年は、歌舞伎座への帰りに、ご主人の作品を拝見させていたいたので、

  ご紹介させていただいたのですが、今回は、体調のことあrのですが、

  月末は、医者の予約が順次詰まっていて、伺うことが出来ません。

  残念ですが、東京に行かれる方、東京近辺にお住いの方に、

  

  ご紹介させていただきます。

  「時の軌跡」をテーマに画かれる、抽象画です。

 以前に一度拝見させていただいたのですが、心惹かれる素敵な作品です。

 話は飛びますが、昔、パリのシャンソニエで、一人の日本人画家と知り合いました。

 北海道在住の画家で、高橋さんという方でした。

 壁を描く、抽象画家で、東京での個展の案内状をいただいたのですが、その頃は、

東京への交通費など、余裕のなかった頃で、ある美術教授が東京に行かれるので、

 案内状をお見せしたら、行ってくださったことを、今思い出しました。

落ち着いた、色調の「壁」というテーマ。

 観に行ってくださった、美術教授は、「好きな絵画で、欲しいなと思う絵だった。」と

おっしゃっていました。

 それぞれの作家の独自性は違うのですが、日浅和美さんの抽象画は、落ち着いた色調で、

日本人の心にすっと入って来る絵画で、日本での愛好家がきっと沢山おわれるのだと

思います。 定期的に、日本での作品展を心待ちにしておられるフアンが多いから、

東京の銀座、ど真ん中で続けてこられるのでしょう。

  日浅和美展  時の軌跡

   美術会館ギャラリー青羅

  東京都中央区銀座3-10-19

       03-3542-3473