明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

有料老人ホームとは

 年に一度、母の施設で報告会が催される。

私が座っている席に若い女性が座った。

お孫さんかな、と思っていた。

報告会が終わり、お茶とケーキがふるまわれた。

料理人があいさつで、「デザートは好評ですが、料理の方は。

がんばりますので。」

毎年、同じことを言っている。

料理の不満が毎年、アンケートで書かれている。

私は、アンケートを書いたが、出さなかった。

 アンケートの結果は、去年よりも低くなっていた。

事故件数も多くなっている。

母が入ったのは、とトップの責任者が良かったからだ。

「ここまでするのに、大変でした。」と言われた。

入居者からの不満や、サービスの不備、問題が多かったよう。

彼女は、近くのグループホームからの引き抜きだった。

1年もすると、彼女は、施設をやめて、しばらくは休養したいとのこと。

24時間、電話などの応対にも、疲労が限界に達したという。

その後、交代した、トップは、変わるばかり、そのたびに低下していく。

若い人達は、入っても、すぐにやめていく。

ベネッセなので、目指す所が、介護ではない人も多い。

良い人は、他に引っ張られる。

 健常者で、自由に出はいり出来る人には、良い施設だ。

意見を言わないようにしようと思っていたのに、言ってしまった。

「転倒が60件と書いてますが、骨折などはないのですか?

以前には、骨折が何件とか内容を報告されていたのですが。」

 「骨折は何件かございます。」

私達が聞きたいのは、転倒ではなく、骨折で車いすになったりするという結果だ。

 入居した時は、歩いていた人が、車椅子になって、多くの入居者が、車椅子で食堂に誘導されている。

 エレベーターは車椅子で満杯。

 老人ホームというところは、そういう所だ。世話してもらって、弱っていく所だ。

自分の力で、なんでもやらなきゃだめだ、とつくづく思う。

となりに座った若い女性は、後見人だった。裁判所からの任命された弁護士だった。

親族が、裁判所に依頼して、後見人をたてるという方法があることを知った。