明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

コーヒー

ドリップコーヒーにお湯を注いでいたら、母が、私達に入れた後に、二番出しのコーヒーを飲んでいたことを思い出した。

母は、濃いすぎるから、これで良いの、と言っていたけれど、本当はそうではない。

二番出しのコーヒーは、美味しくない。

母とは、いつもそうだった。人には、良いものを与えて、自分は残り物に徹していた。

母は、人を喜ばせるために生きて来た。

誰からも愛され、慕われた母が、どうして認知症になってしまったのかと、思って、悲しい。

我慢するのがいけないてはないかもしれない。

母は、コーヒーが好きだった。美味しいコーヒーが、好きだった。

トリッブ式のコーヒーを飲むたびに、母が、私達に作った後の、出がらしのコーヒーを飲んでいた姿が、眼に浮かぶ。