読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

グランダ

の施設に行くときは、母の好きそうな食べ物を持っていく。

以前のように食べなくなった。

何度も、食べるように進めなければ、食べてもらえなくなった。

母は、テレビの画面を真剣に見つめるる。

内容は、わかっていないけりど、人の表情、動きを見て、自分なりに、想像力で、たのしんでいる。

鏡に映る自分の顔がわからなくて、話しかけている。

母は、とても綺麗好き。

タンスの中はいつも、整頓。

洗面所は、使うと、洗っている。昔からの手の使い方は、かわらない。

好きだった歌は、殆ど歌えなくなった。

同じメロディーを、緊張感のある時にも、嬉しい時にも、恐怖を抑える時にも歌う。

好きなものを、レストランで食べられ、自分の家で暮らせるは母親を持っている人達は、幸せだと思う。

自分が、そうなってしまつたら。

出来ることなら、皆、自分の家で暮らしたい。死ぬまで、そうできたらと願うだろう。

わからないから良いと言う人もいるけれど、認知症になつた人になったかとのないひと。

母を見ていると、認知症なは、なりたくないと願う。