読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

出直いでよかったこと

出直しでよかったこともある。

新しいパソコンのリカバリーができた。

髪をカットしてもらったこと。この半年で髪の毛が急に少なくなって、

こしもなくなってきて、気にしていたので、美容院に行く気にもならなかった。

少しカットだけしてほしかったのだけど、忙しくてその時間もなく、このまま行くことに

なるとあきらめていたことが、思いかけず、時間ができて、カットしてもらえたので、気分がよくなった。

ゆっくり寝ることもできた。

空港に行く前に、ヨドバシによって、いらなかったものを返品してもらって、茶屋町から

同じように空港バスに乗った。

銀行で、60ドル両替してもらって、日本円も5万円ほど出した。

ほとんど、クレジットでことたりるし外貨のキャッシュカードがあるので、心配いらない

のだけど、最近は、万が一、ということがすごく気になるようになっている。

ホテルも、以前はついてからでもよいという気でいたけれど、今は事前に取っておかないと

気はすまない、キャンセルが出来る料金で予約しているのだけど、前日になると、一泊分はかかる。キャンセルしたつもりの別のホテルの分まで払う羽目になった。

うっかり、キャンセルと保守のボタンを間違えていたのだ。

最近は、よくうっかりの間違えをする。自分でも信じられないことがある。

先日も、銀行の口座番号を入れたつもりで、証券会社の口座番号を書いていた。

記憶にある番号なので、通帳をみながらかかない、

いくつもの口座番号があって、それを覚えているつもりでいたものだから、

こんな間違いをするようになって、自分でも驚き。

パスワードを変えないといけない、と言われて、これも頭が痛い話、

同じパスワードを使うと、漏えいの危険があるので、少しでも変えておかないといけない。

情報社会は便利だけど、危険も世界中に及んでいる。

ホテルの予約など、エクスペディアとかですると、海外のホテルを斡旋している所だとか、

海外のホテル側で、カード情報が抜き取られる可能性がある。

事実、私カードがその被害にあっていた

カードを使うのも危ない。

高くても、しっかりしたホテルに予約しないといけないと思うようになった。

今日は、JFKに着くので、空港でと思ったら、どこも高くて、マンハッタンの金融街にある、ホリデーインが、同じような値段なので、そこまで行くことにした。

評判はあまり良くない、泊まるだけなら、というようなホテルらしい。

そうな所だから、空港と似た値段で泊まれるわけで、それでも結構する。

キャンセル二軒で、麻痺しているので、気持ちが大きくなって一泊2万、3万は仕方ないという気になっている。

今日は、夜の9時半にJFKに着くので、ホテルには、夜中になるだろう。

明日の一日、マンハッタンで過ごして、その夜には、ケネディー空港の近くにホテルを取っている。サンディエゴへの飛行機が朝の8時に出る。

サンディエゴでも中一日の観光。

強行軍の移動ばかりの旅。

空港のラウンジで、ワインを少し飲んだ。UAのラウンジはひどいけれど、ANAは、カレーも焼きそば、なども提供している。

マイレージカードがなくなっているので、UAのラウンジに問い合わせに寄った。

昨日、カウンターで先にマイレージカードを出して、パスポートを言われて、なかったのに

気が付いたので、そこで忘れていないかと思ったから。

今日は、ANAのラウンジでカードを見せよう思ってないのに気がついた。

もう、本当に、ないことに、気が付いてばかりいる。

終わってるなあ、と思う。こんな状態で、100万マイル達成したころには、使えないといくことになれば、一体何をしていることかしら。

マイルに振り回されているようだけど、これが私の生きる目標になっているのかも。

それが私を元気にしている動力になっているのかもしれない。

関空からサンフランシスコへは、ドリーム便で、座席の前にビデオがついていて、映画がみられた。サンフランシスコから、ニューヨークまでの便にも、前座席にビデオがついている。

イヤフォーンは、持参か、買わねばならない。

聞こえていたのに、途中から音声が途絶えてしまって、それでブログを書いている。

ビデオ側なのか、私のほうなのか、わからない。隣の人は声が聞こえている。