明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

花のある暮らし

昔は殺風景だつた。

花より団子だつた。

暮らしに余裕がなかった。

お金がなかった。

日々、食べる事で精一杯だつた。

あの頃が、無性に懐かしい。

倉本聰の、北の国、は、

名作の中の名作だと思う。

自然の美しさは、比類なきくらい

美しい。

貧しい暮らし、純粋な魂が

輝いている。

厳しい環境にあって

人は美しく輝く

人間は最も微力で最も偉大な存在だと

言った、パスカル

火のような情熱と、人間の本質的善良性を生きる五郎

彼こそ、ヒーローだ。

北の国から、を見て、

若ければ、もう一度やり直せれば、

北の大地に住みたいと思う。

憧れる。

暮らしの中で、切り取られた花が

長く咲き続けて頑張っている。

コシノジュンコが言っていた。

未来から見れば、今が一番若いの。

年はない。過去に生きるのではないの。

そうだ。

今日が一番若い。時間は、未来に続いていく。

過去の時間は消えていく。

破壊から、創造への道を歩もう。